アクティビティでハワイ旅を特別なものに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ハワイを120%楽しむ為の知って得する情報【アクティビティ編】をお届けします!

フラダンスショーやマリンスポーツ、ダイヤモンドヘッド登頂など。

王道だからこそ知ってほしい情報盛りだくさんです!

スポンサーリンク

フラダンス

フラ

ハワイと言えばフラダンスですよね。

無料でフラショーを楽しむことも出来るのをご存じですか??

アラモアナセンター

初めて見たときは驚きました。

無料とは思えないダンスのクオリティーの高さ!

女性の踊りの優雅さに心が和み、男性の鍛えられた肉体と力強い踊りに魅了されること間違いなしです。

アラモアナフラ
出典;GGP

時間

毎週月~土の13:00-13:20にセンターステージで見ることが出来ます。

ショーのあとにダンサーさんと写真が撮れるので、記念に一枚どうですか??

場所

アラモアナセンターの場所はこちら!

バスやトロリーで行くことが出来ます!

 

クヒオビーチ

サンセット2

外で楽しみたいときは是非クヒオビーチへ。

夕暮れのビーチに灯りがともされ、その中で見るショーはムードが最高

時間

ショータイムは基本的に月・水・金・日の18:30-19:30です。

11月~1月は18:00-19:00。

ウクレレの生演奏と生歌が更に場を盛り上げてくれます。

ワイキキフラ

そして海の音と、潮風がプラスされれば誰もが時間よ止まれと願いたくなるような夢の時間が流れます…。

クヒオ
出典;Waikiki Improvement Association

場所

会場は「デューク・カハナモク像」の近くになります。

像
出典;WAIKIKI TOROLLEY

こちらを目印に行ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

本格派のショー

少しお金がかかっても、ガッツリとショーを楽しみたい方はこちらがお勧め。

ポリネシアン・カルチャーセンターイブニング・ショー。

HĀ:ブレス・オブ・ライフ」。

ショー
出典;Polynesian Cultural Center

概要

なんと総勢100名以上が出演!

様々な国からくる老若男女、誰でもわかるように言葉ではなくて動きでストーリーが伝わるように作られています。

途中には本格的なダンスも含まれているのが魅力の一つ。

所要時間は3~4時間です。

ファイヤー
出典;Polynesian Cultural Center

料金

ホテルからの送迎、ディナービュッフェ付きパッケージの料金は以下の通り。

子どもも大人も同じ料金のようです。

  • トワイライト・スタンダード 通常 104.95ドル 中央前方席
  • トワイライト・デラックス 通常 139.95ドル 後方席

スタンダードとデラックスは料理内容、観覧席が異なるとのことです。

また、現在キャンペーン中(2019年3月31日まで)とのことで、大幅値下げされています!

  • トワイライト・スタンダード 特別価格 81ドル (約24ドルOFF!)
  • トワイライト・デラックス 特別価格 115ドル (約25ドルOFF!!)

更に来園10日前までの予約で早期割引10%引きも適用されるようです。

このチャンスを見逃す手はないですね!

ステージ

半分屋外のような造りのステージは最大2650人入ることが出来ます。

どこの席からも見えるように席に傾斜が付けられています。

デラックスのシートで見る演技は本当に目の前

ものすごい迫力です。

ステージ
出典;Polynesian Cultural Center

ビュッフェ

広いフロアで選ぶだけでわくわくするようなビュッフェが楽しめます。

ショーも食事も大満足で帰ってこれると思いますよ!!

ビュッフェ
出典;Polynesian Cultural Center

スポンサーリンク

体を動かす

サーフィン

これまでアクティビティと言ったらやっぱり体を動かさないと!

ここではどなたでもチャレンジできるようなアクティビティをご紹介します。

ダイヤモンドヘッド登頂

waikiki

ハワイのシンボル「ダイヤモンドヘッド」に登りましょう!

入場可能時間

AM6:00-PM4:30(PM6:00までに下山)

行き方

バス

ダイヤモンドヘッドまではワイキキからバスが出ています。

日中にの場る場合はバスを使うと便利ですね!

もしご来光を見に行く場合は早朝出発になるのでホテルにお願いしてタクシーを呼んでもらうと便利!

歩いても行けない距離ではないですが、かなり時間がかかってしまうのと、暗い中慣れない場所を歩くのは危険なのでお勧めしません。

料金

入山料が一人1ドルかかります!

富士山ほど高くないので気安く登れますよね。

服装

ハイキング

日中は日差しが強く、あまり日陰もないので薄手の長袖があると日焼け防止になります。

最低限日焼け止めはしっかり塗っていくようにしましょう!

足元はもちろん動きやすいスニーカーが適しています。

道は大分整えられていて、そこまで険しくないので半ズボンでも大丈夫です。

転んだ時や虫刺されが心配な方は長ズボンを履くといいですね!

【冬限定】ご来光

asahi

ダイヤモンドヘッドの入場開始時間はAM6:00

夏休み期間の7月8月は6時前後が日の出の時間の為、ご来光を拝むチャンスは冬。

冬休みにハワイ旅行する方は是非チャレンジしてみてください!

日の出日の入り
出典;Myハワイ

ワイキキからダイヤモンドヘッドまでのタクシーの所要時間はホテルによって異なるのでフロントに聞いてみるといいですね!

6時より早くついてしまった場合には、星空を眺めて待ちましょう。

星空

日本からは見えない星座が見えるかもしれません。

その日の日の出時間をチェックも忘れずに。

登頂開始から山頂までの目安は1時間ちょい。

自分の体調に合わせたペースで登りましょう。

そして、忘れてはいけない持ち物が懐中電灯!!!

夜中

日の出前は暗く、街灯もないので足元を照らすために必ず持っていきましょう。

マリンスポーツ

バナナボートやウィンドサーフィン、シュノーケリング…色々やりたいけど全部やったら出費が…。

と悩んでいる方に朗報!!

マリンスポーツ8種類が100ドル以下で楽しめるところがあるんです!!

「KBOS」

バナナ
出典;オプショナルツアーハワイVIP

8種類のマリンスポーツが楽しめる「KBOS」。

体験できるのは、シュノーケリング、カヌー、バナナボート、水上バレー、ジェットスキー、ウィンドサーフィン、バンパチューブ、ウミガメ探し。

うみがめ

料金

最寄指定ホテルからの往復送迎ランチおやつがついてこの価格!

12歳以上 99ドル  3-11歳は 69ドルで楽しめます!!

所要時間

8種類も体験できるので、所要時間は長めの9時間とのこと。

スケジュールに余裕がある方は参加してみてください!

大規模プールで楽しむ

ホテルのプールは物足りない…でも海はちょっと抵抗がある方はプールもオススメ!

ウェット アンド ワイルド ハワイ

その広さ、東京ドーム約3個分

Wet’n’Wild Hawaii」で一日プールを満喫!

wavepool-2017-wide
出典;Wet’n’Wild Hawaii

のんびりリラックスできるものから絶叫系のものまで15種類のアトラクションが揃う施設です。

子ども連れでも安心して遊ぶことが出来ますね!

Water-World-2
出典;Wet’n’Wild Hawaii

料金

入場券(一日アトラクション遊び放題)

大人(12歳以上)$52.35 子供(3~11歳)$41.87

送迎もついたお得なセットもあり、それぞれの希望に合わせた様々なパッケージが用意されいています!

大人は12歳以上、子供は3歳~11歳。

 内容送迎付き送迎なし

プレミアムデラックス

  • 1日入場券
  • ソフトドリンク1日飲み放題
  • BBQランチ食べ放題
  • ボディーボードレッスン
  • フローライダーの1日ボディボード券
  • ビーチタオル
  • ロッカー(小)

大人
136.13ドル

子供
125.63ドル

大人
115.18ドル

子供
104.71ドル

デラックス

  • 1日入場券
  • ソフトドリンク1日飲み放題
  • BBQランチ食べ放題
  • ボディーボードレッスン
  • フローライダーの1日ボディボード券

大人
109.95ドル

子供
99.48ドル

大人
89.01ドル

子供
78.53ドル

スタンダード

  • 1日入場券
  • ソフトドリンク1日飲み放題
  • フローライダーの1日ボディボード券

大人
89.01ドル

子供
78.53ドル

大人
68.06ドル

子供
57.59ドル

オススメ!!

トランスポーテ―ション 

  • 1日入場券
  • 往復送迎バス

大人
78.53ドル

子供
68.06ドル

なし

(2018年7月時点)

【家族連れ必見!!嬉しい特別キャンペーン実施中!!】

2018年9月末までトランスポーテーション パッケージをご利用の方対象。

大人2名様の料金でお子様1名が無料

つまり…。

大人2名と子供(3~11歳)1名で68.06ドルOFF!!

これは利用しない手はないですね!!

予約方法

O-Hana-Highway
出典;Wet’n’Wild Hawaii

ネットで簡単に予約できます!

公式サイトは日本語対応なのも安心。

また、ご利用の旅行会社でもオプショナルツアーで用意があることもありますので問い合わせてみてもいいかもしれません。

まとめ

ハワイを満喫する5大アクティビティをピックアップしました!

無料で楽しめるものはとことん利用して、どうしても譲れないものには少しお金かけるのも特別感が出てきっといい思い出になりますよ!

いいハワイ旅を!!

【食事編】はこちら

【ファッション編】はこちら

【ショッピング編】はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする