藤沢市で学校給食が来年4月から値上げ 食材高騰が原因 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

藤沢市で学校給食が来年4月から値上げされることがわかりました。

食材高騰が原因ということです。

スポンサーリンク

ニュースの概要

藤沢市で学校給食が来年4月から値上げされることがわかりました。

食材高騰が原因ということです。

藤沢市
出典;カナロコ

ニュースの詳細は以下の通りです。

神奈川県藤沢市教育委員会は10日、市立小中学校と特別支援学校の給食費を2019年4月から引き上げる方針を明らかにした。食材の高騰が主な理由。給食費の改定は、消費税が8%に引き上げられた2014年度以来5年ぶりとなる。同日の市議会9月定例会常任委員会で報告した。

出典;カナロコ

確かにスーパーでも食材がどんどん高騰していますね。

今年は甚大な自然災害が例年に比べて多いのでそれも関係するかもしれません。

いくら上がるの?

野菜

小学校と特別支援学校(小学部)は400円増の月額4500円、特別支援学校(中・高等部)は400円増の月額5200円、中学校(デリバリー方式)は、1食30円増の330円となる。

出典;カナロコ

一か月20日の給食があるとして計算すると、一食だいたい小中・高校はは10円UP、デリバリーの中学は報道の通り30円UPということです。

スポンサーリンク

値上げの理由

値上げの理由として、食材の高騰が大きく影響しています。

市教委によると、食材は全体的に高騰。17年度の野菜や果物の価格は14年度に比べて約26%上昇し、乾物は2倍以上に値上がりしたものもあったという。

 市は栄養や食の安全、食育などの観点から、国産食材や地場産を使用している。市教委は「これまで献立や使用食材を工夫することで対応してきたが、そろそろ限界が来ている。今後も継続して、安全でおいしい給食を子どもたちに提供していくために、給食費の改定が必要と考えている」と説明した。

出典;カナロコ

そもそもの値段が安いので、数十円ならまだ許容範囲かなという感じですが、今後物価が高騰するにつれて給食費も比例してどんどん高くなっていくのかもしれませんね。

海外産のものなら安く入る食材も多々ありますが、子供たちの健康や安全を考えて国産にこだわっているのはいい取り組みですね。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・経費が上がってしまうのは仕方ない。
出来ることならこういうところに税金を投入してもらいたい。

・食材が上がってしまったら、その分を負担してもらうのは当然の事だからね。何でも税金から出るとは思わないでくれ。

・そこに国会議員の給料使おうぜ。本気で国民を考えているなら当たり前に出来ることだろ?

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする