深井広章容疑者の顔画像は?母親(深井芳子さん)を刺し殺した動機や現場の状況について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

母親の深井芳子さんを殺害した容疑で息子の深井広章容疑者が逮捕されました。

深井容疑者は芳子さん殺害後に自ら通報しています。

この親子の間に一体何があったのでしょうか?

深井容疑者の顔画像やSNS、動機や現場の状況などについてまとめたいと思います。

事件の概要


引用:TBS NEWS

母親の深井芳子さんを殺害した容疑で息子の深井広章容疑者が逮捕されました。

事件の詳細は以下の通りです。

母親を刃物で刺して殺害しようとしたとして、埼玉県警大宮署は23日、さいたま市北区植竹町、無職深井広章容疑者(48)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。逮捕は22日。母親は同日夜、搬送先の病院で死亡が確認され、同署は殺人容疑で調べる。

 発表によると、深井容疑者は22日午後7時25分頃、自宅アパートの一室で、母親の芳子さん(75)の背中を果物ナイフで複数回刺し、殺害しようとした疑い。約10分後に深井容疑者が「母親を殺した」と110番し、駆けつけた署員が取り押さえた。

引用:読売新聞

実の母親のことをナイフで複数回刺し、殺害するという信じられない事件です。

二人の間に何があったのでしょうか?

また、深井容疑者が芳子さん殺害後に自ら通報していることから見て、罪を隠す様子もなさそうですし、パニックに陥っての犯行という感じでもなさそうですね。

スポンサーリンク

深井広章容疑者のプロフィール


引用:TBS NEWS

深井容疑者の情報をまとめてみました。

名前深井広章
年齢48歳
職業無職
住所さいたま市北区植竹町
容疑殺人未遂容疑

深井容疑者は母親の芳子さんと二人暮らしだったようです。

それでいてこの年齢で無職というのは信じがたいですね。

もし最近職を失ったわけではないのであれば芳子さんの年金だけで生活していたのかもしれません。

芳子さんがパートなどに出ていたとしても二人分の食費を賄っているので精いっぱいですよね。

深井広章容疑者の顔画像

被害者

深井容疑者の顔画像は現時点では公開されていないようです。

新しい情報が入り次第更新いたします。

スポンサーリンク

深井広章容疑者のFacebook

SNS

Facebookでは同じ名前の方を見つけることが出来ませんでした。

もし無職で家に引きこもっていたのであれば何らかのSNSアカウントを持っていてネット上で他の人とつながっていた可能性も考えられますね。

InstagramやTwitterも含め引き続き捜索してみます。

検索結果はこちらをご確認ください。

深井広章容疑者の動機について

犯人

調べに対し深井容疑者は容疑を認め次のようにコメントしています。

「刺したのは間違いない」

しかしながら動機については詳しく供述していないのか公表されていません。

考えられるのはやはり、48歳にして無職という点でしょうか。

そろそろちゃんとした職につきなさいと言われて腹が立ったとも考えられますね。

しかしなぜこのタイミングでなのか、もしそれが理由なら今までも言われてきたのではないかと思われるので不思議ですね。

スポンサーリンク

事件現場の様子


引用:TBS NEWS

事件があったのは、さいたま市北区植竹町の深井容疑者の自宅です。

場所はだいたいこのあたり。

古めの二階建てのアパートのようですね。


引用:TBS NEWS

母親の芳子さんは背中を果物ナイフで複数回にわたって刺され、殺害されました。

台所にちょうど置いてあった果物ナイフを手にした犯行ならその場の勢いで殺してしまったということも考えられます。


引用:TBS NEWS

深井容疑者が自らの犯行を通報し、警察官が駆け付けると芳子さんが血を流して倒れていたようです。

直ぐに病院に搬送されましたが残念ながら死亡が確認されました。

深井容疑者が救急車を呼んでいないようなので、助ける意志はなかったとなるとやはり殺意があったことは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・お母さん… 子どもの頃はきっと一生懸命に育てたことでしょう
48歳にもなった無職の息子に背後から刺し殺されるなんて無念でしょうね

・高齢の母親の最後がこんな終わり方とは。

・無職の部分を強調する見方が多いが、無職だろうと在職中だろうと、肉親に刃を向けるとは正気の沙汰ではない。

引用:Yahooニュース

最後に

二人の間で何があったのか本人たちしか知りえませんが、息子に母親が殺害されるという痛ましいニュースでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする