糸満市国吉で7日不発弾処理 半径約300m交通規制

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

糸満市国吉7日午前不発弾処理することが明らかになりました。

スポンサーリンク

ニュースの概要

糸満市国吉7日午前不発弾処理することが明らかになりました。

ニュースの概要は以下の通りです。

糸満市国吉の畑の磁気探査で見つかった米国製250キロ爆弾1発の不発弾処理が7日午前10時から発見現場である。避難半径283メートルに5事業所がある。避難世帯はない。午前9時半に周辺の交通規制、9時45分に避難誘導を始める。現地対策本部は国吉公民館。避難所は設けない。正午ごろ終了の見込み。

見つかったのは1発のみで、正午には終わる見通しです。

交通規制範囲について

不発弾処理に伴い、処理場所から半径283mの地域に交通規制がかかります。

午前9時半ごろから避難誘導がありますので、地元住民の皆さんは誘導に従って、速やかに非難しましょう。

 
 
スポンサーリンク
 

不発弾処理の流れ

不発弾処理
出典;北関東防衛局

地方公共団体などからの不発弾処理の要請を受け、陸上自衛隊が処理作業にあたります。

流れは以下の通り。

不発弾処理
出典;北関東防衛局

不発弾処理は無事終わる?

不発弾処理…聞くだけでもぞっとしますが、処理に当たる隊員によると、「100%安全に処理する自信がある」そうです。

不発弾処理
出典;北関東防衛局

これだけはっきりと言い切ってくれると本当に頼もしいですね。

第102不発弾処理隊で処理班長の経験もある運用訓練幹部の高橋1尉に「信管を抜く時など緊張しないんですか」と聞いたところ「初めて現場で作業した時は、大変緊張しました。ですが、最も安全・確実に処理できる方法を考察した上で処理にのぞみ、100%安全に処理できる自信があるので緊張はしません。淡々と手順どおりやるだけです。」とのこと。これまで多くの不発弾を処理してきた自信でしょうか、頼もしい限りです。

今回の不発弾処理は沖縄のため、違う部隊が行うことと思われますが、そこでもしっかりと訓練を積んでいる陸上自衛隊の方々が安全に処理してくれるはずです。

出典;北関東防衛局

スポンサーリンク

終了予定時刻は?

7日 
9時半ごろ  避難誘導開始
10時     不発弾処理
正午ごろ    終了予定

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする