岩永良子(広島母親が息子2人刺殺事件)の顔画像、プロフィールは?夫や子供(隼人,颯太)、動機について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

広島で男児2人を刺殺したとして岩永良子容疑者が逮捕されました。

岩永容疑者の顔画像、プロフィール、動機や現場の状況についても紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

救急

広島で息子2人を刺殺したとして岩永良子容疑者が逮捕されました。

事件の詳細は以下の通りです。

広島県警東広島署は19日、自宅で5歳と3歳の息子2人を刃物で刺し殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで母親の職業不詳岩永良子容疑者(31)=東広島市=を現行犯逮捕した。2人は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

引用:KYODO

またもや痛ましい事件が起きてしまいました。

岩永容疑者はなぜこのような犯行に及んだのでしょうか?

岩永容疑者のプロフィールや動機などについてみていきたいと思います。

岩永容疑者のプロフィール

岩永容疑者の情報をまとめてみました。

名前岩永良子
年齢31歳
職業不明
住所東広島市高屋町白市
容疑殺人未遂の疑い

なんと男児二人を刺殺したのは、母親でした…。

恐怖で何も言えません。

スポンサーリンク

岩永容疑者の顔画像Facebook

岩永容疑者の顔画像は現時点では公開されていないようです。

新しい情報が入り次第更新いたします。

Facebookでは同じ名前の方が何人かいらっしゃいましたが本人アカウントの特定には至りませんでした。

検索結果はこちらをご確認ください。

犯行動機は?

真田容疑者

同署によると、岩永容疑者は「子ども2人を殺しました」と自ら110番してきた。子どもの将来を悲観して刺したとの趣旨の供述をしており、容疑を認めている。

引用:KYODO

生活環境が思うようなものではなかったのかもしれませんね。

しかし、どんな理由でも子供の未来を勝手な判断で断ち切ってしまうのは正しい行動だとは言えません。

ましてや母親のすることだとは思えないですね。

スポンサーリンク

現場の様子

事件現場となったのは、岩永容疑者の自宅とのことなので、広島県東広島市高屋町白市です。

逮捕容疑は、19日午後5時ごろ、自宅で2人の背中などを複数回刺して殺害しようとした疑い。

引用:KYODO

自分の母親に包丁を向けられ、殺されるって…想像絶する事態ですよね。

子供たちも私たちには到底理解できないほどの恐怖だったと思いますし、痛かったでしょうね…。

複数回刺していたということは、相当殺意があったといえるでしょう。

お腹を痛めて産んだ我が子にそんなことをするなんて…信じられません。

被害者について

病院で死亡が確認されたのは、岩永容疑者の隼人ちゃん5歳と颯太ちゃん3歳の息子二人です。

一番やんちゃな時期かもしれないですね。

自分でどんどん行動範囲が増え、しゃべれるようになり、どんどんいろんなものに興味を持ち始める年齢の子供たちです。

その子らの将来を悲観する要因は明らかではありませんが、ただただ可哀そうでなりません。

スポンサーリンク

岩永容疑者の夫について

犯人

岩永容疑者の夫に関する情報が出ていいなかったのでてっきり、手一つで二人の息子を育てていたのだと思っていましたが、違うようです。

岩永容疑者は子供二人と夫の4人暮らしだったとのこと。

しかし、事件当時は夫は外出していて自宅には岩永容疑者と息子二人の三人しかいなかったようです。

夫がいるのであれば、このような事件が起きる前に気づいてあげてほしかったですね。

きっと岩永容疑者もいろんなことで悩みを抱えていたんでしょうね。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこのようなコメントが寄せられています。

・これだけではなぜ将来を悲観したのかは分からないけど、それでも何故としか言葉が出ない。

・どんな理由があったのか分かりませんが母親に幼い子供が何度も背中を刺されて亡くなる何て絶対にあってはならない事だと思います。
理由が知りたいです。

・可愛い盛りの年頃の子供を刺し殺すっていうのはよっぽどの心理状態ですね。まわりは何か気がつくことはなかったのだろうか。

・色んな事に悲観しても、頑張ってる人達は沢山いるのに。
なんとかならなかったものかね。

・なんて身勝手なんだろう。
生きる権利はあっても、命を奪われる権利はない。

・子供が障害でも持っていたのか?
それでも、命を奪っちゃダメ。

引用:Yahoo!ニュース

まとめ

殺害された子供二人が本当に可哀そうな事件ですね。

背景にどんな理由があったのか、今後の再発防止にもしっかり調査してほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする