泉水卓の顔画像(梨ノ木公園事故)は?命懸けで園児を守った保育士や事故現場、保育園の場所についても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

また怖い事故のニュースが飛び込んできました。

今度は、千葉県市原市の公園で園児に車が突っ込んだというのです。

幸いなことに園児には大きな怪我がなかったものの、一緒にいた保育士が骨折の重傷を負ったそうです。

車を運転していた泉水卓容疑者が逮捕されています。

泉水容疑者の顔画像や命懸けで園児を守った保育士や事故現場、保育園の場所についても紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

千葉県市原市の公園で園児に車が突っ込むという怖い事件が発生しました。

園児に大きな被害はないとのことですが、一緒にいた保育士が右足を骨折する大怪我を負っています。

事件の詳細は以下の通りです。

15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市の公園で、遊んでいた保育園児らの近くに乗用車が突っ込み、かばおうとした女性保育士が右足を骨折した。市原署によると、園児は車と接触していないとみられ、けがの有無や状況を調べる。

 市原署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで同市五井、自称無職の泉水卓容疑者(65)を逮捕した。

 署によると、園児5人と保育士2人が砂場で遊んでいた際、公園近くの駐車場から発進した泉水容疑者の車が、フェンスを突き破って突っ込んだとみられる。

引用:東京新聞

最近車による事故が本当に多くなっているように感じます。

つい先日も園児の列に車が突っ込み幼い命が奪われたばかりでした。

今回は死者が出ずにすんだものの、同伴の保育士が足を骨折しています。

泉水卓容疑者のプロフィール

 

泉水卓容疑者の情報をまとめてみました。

名前泉水卓
年齢65歳
職業自称無職
住所

千葉県市原市五井

容疑自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑い

泉水容疑者は地元住民のようですね。

地元民なら近くに保育園があることや、公園で子供が遊んでいることを知っていてもおかしくはないと思いますが、なぜこんな事故が起きてしまったのでしょうか…。

スポンサーリンク

泉水卓容疑者の顔画像

泉水容疑者の顔画像は現時点では公開されていませんでした。

新しい情報が入り次第更新させていただきます。

泉水卓容疑者のFacebook

SNS

Facebookでは同じ名前のアカウントを見つけることが出来ませんでした。

すでに高齢なのでFacebookをやっていない可能性も高いですね。

検索結果はこちらをご確認ください。

スポンサーリンク

現場の様子

現場は千葉県市原市の公園ということですが詳しい公園の名前や保育園の名前については公表されていませんでした。

【追記】
千葉県市原市五井の梨ノ木公園ということが分かっています。

ストリートビューで確認すると砂場が道路に面しているのが分かります。

また、この道路を挟んで反対側に駐車場があり、泉水容疑者の車はその駐車場から発進したものとみられます。

当時、園児5人に保育士が2人ついている状態で砂場で遊んでいたということです。

砂場にはフェンスがあったということですが、そのフェンスさえもなぎ倒して園児たちの方に突っ込んできたそうです。

これを聞くだけでもかなりのスピードが出ていたのではないかと推測が出来ますね。

ポールがいくつも立っているのにも関わらず車が砂場まで入ってきてしまうというのは怖いですね。

こんな状況の中で同伴の保育士が命懸けで園児を守った結果、園児5人が大きな怪我もなく済んだようですね。

園児をかばった保育士について

園児を守った保育士についてですが、今わかっているのは女性だったということです。

年齢や名前は公表されていません。

右足を骨折という大怪我を負ってまで園児を守ったそうで、親御さんは感謝してもしきれないかもしれません。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・まさか公園の砂庭に...
本当に安全な場所など無い感じ。
保育士さんも大津の事故の後で、気を付けてたのかな。
骨折した保育士さんの怪我が早く回復することを祈ります。

・園児をかばったとっさの正義感と預かっているという責任感を兼ね備えた素晴らしい保育士さんですね 園児達を守ってくれてありがとうございます! 怪我も足首骨折に留まり園児含め誰も命を奪われないで本当に良かったです 早期治療願ってます 
ドライバーは鉄の塊という凶器を動かしているという意識を忘れないでほしい

・未来ある子供ですが 保育士さんだってまだまだ未来のある先生です!どちらの人生も奪われず本当に良かったです!運転手は怪我で済んでよかった!ではなく 今回は怪我で済んだけれど人を殺していたかもしれない!ということを忘れずに もう車には乗らないでいただきたい!先生が怪我をしてしまったのを目撃してしまった子供達の心も心配です。大好きな先生が目の前で救急車で運ばれたら悲しいですよね。早く怪我が治り仕事復帰できますように。子供達が待っているはずです!

・免許制度を厳しくして下さい。
アクセルとブレーキさえわからない奴等が
免許を所持できるとか異常。

・エコカーはエンジン音が聞こえないのが原因に
挙げられるのでは?無音で横を通られるとハッと
します。車メーカーも安全上を考えて欲しい。
保育士さんのとっさの判断でのお怪我をした様
ですが早期の回復を祈ります。

引用:Yahoo!ニュース

最後に

車による事故が後を絶たず本当に胸が苦しく感じます。

車を運転する際は、一つ間違えたらいつでも人の命を奪いかねないという危機意識を持ってもらいたいですね。

今回の事故原因のすべてが年齢だとは言い切れませんが、事故の中で高齢者が多いのは事実です。

先日園児が2名犠牲になった事件の後、高齢者ドライバーの免許自主返納が一気に増えたそうです。

周りに高齢ドライバーがいる場合はお互いに話し合うのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする