実川克敏(JAL・日本航空副操縦士)の顔画像、Facebook特定?飲酒量が半端ない!検査を不正すり抜け!常習犯か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本航空副操縦士、実川克敏容疑者が乗務前に既定のアルコールが検出され逮捕された事件で、1日ロンドンの裁判所にて容疑を認めたとのことです。

29日には判決が言い渡されるようですが、かなり重い判決が下りそうです。

実川容疑者の顔画像、Facebookについても紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

JAL
引用:JAL

日本航空副操縦士、実川克敏容疑者が乗務前に既定のアルコールが検出され逮捕された事件で、1日ロンドンの裁判所にて容疑を認めたとのことです。

29日には判決が言い渡されるようですが、かなり重い判決が下りそうです。

事件の詳細は以下の通りです。

イギリス・ロンドンの空港で、日本航空の国際線の副操縦士から基準の超えるアルコールが検出されたとして逮捕された事件で、地元の警察は1日、副操縦士が裁判所に出廷し罪を認めたことを明らかにしました。

警察によりますと、日本航空に勤務する42歳の副操縦士は、先月29日、ヒースロー空港で飛行機に乗務しようとしていたところ飲酒の疑いがあるとして逮捕されました。

副操縦士は1日、ロンドンの裁判所に出廷し、罪を認めたということです。

本人の詳しい証言の内容などは明らかになっていませんが、判決は今月29日に言い渡される予定だということです。

引用:NHK WEB NEWS

乗務前に発覚したからいい者の、このまま乗務し墜落でもしていたらとかんがえるとぞっとしますね。

このニュースは日本だけでなく、イギリスはもちろん世界で報道されていて、大問題となっています。

実川容疑者のプロフィール

実川容疑者の情報をまとめてみました。

名前実川克敏
年齢42歳
職業日本航空国際線副操縦士(元大韓航空?)
住所不明(恐らく千葉)
容疑飲酒の疑い

スポンサーリンク

実川容疑者の顔画像・Facebook

実川容疑者の顔画像は現時点で報道されていません。

しかし、Facebookで本人アカウントとみられるものを発見しました。

そちらに顔画像や詳しいプロフィールも載っているので、興味がある方は以下の検索結果からご覧ください。

検索結果はこちらをご確認ください。

バスの運転手のファインプレーで発覚

飛行機

NHKによると、乗員を乗せたバスの運転手がアルコール臭に気付いて警察に通報した。

引用:CNN

バスの運転手が気が付くほど酒臭かったてことですね。

しかもこれ、日本航空の呼気検査の後だったとのこと…。

周りにいた同僚は気が付かなかったのでしょうか?

検査、意味あるのかよ!!って突っ込みたくなりますが。

このことに関しては後ほど詳しく触れますね。

それにしてもこの運転手のファインプレーがなければ今頃最悪の事態が起きていたかもしれません。

スポンサーリンク

実川容疑者の飲酒量は?

ワイン

日航によると、副操縦士の説明では、フライトの約20時間前まで、ホテルのラウンジや自室で赤とロゼのワインを1本ずつ、瓶ビール(330ミリリットル)3本、缶ビール(440ミリリットル)2本を飲んだという。

引用:朝日新聞

普通の会社員でさえ、次の日に仕事があったらこんなに飲まないと思うのですが…。

大勢の乗客の命を載せて飛行機を操縦しようとしている人のなすことだとは思えないほど大量に飲んでいますね。

実川容疑者は常習犯!?

乗務約2時間前にほかのパイロット2人と対面の呼気検査をしたが、アルコールは検出されなかった。
引用:朝日新聞

しかし運転手の通報後に受けた検査では基準値を超えるアルコールが検出されていたため、不正に検査をすり抜けていたのではないかと考えられています。

もし不正を働いていたなら、今までも複数回同じ手口で乗務していた可能性も考えられます。

これまで事故が起きていないのは幸いですが、今後も繰り返されていたらいつか多くの人の命が奪われる大事故につながっていたかもしれません。

どんなに自分が自信をもっていても人の命を預かっているのによくもこんな真似ができるなと思いますね。

乗務前の大事な検査で不正が行われてしまう環境も見直す必要があるかと思います。

スポンサーリンク

実川容疑者から検出されたアルコールの量がヤバかった

被害者

実川容疑者の血液からは、100ミリリットルあたり189ミリグラムのアルコールが検出された。パイロットの上限値は血液100ミリリットルあたりアルコール20ミリグラムで、検出値は上限値の9倍超にあたる。

引用:BBC

基準値の9倍超って…。約10倍との報道をしているところもある点を踏まえると、もはや酔っているもしくはほろ酔いのような状態だったのでは?

そんな状態で飛行機を操縦されたら乗客もその家族もたまったもんじゃないですね。

過去の事例ではかなり重刑

犯人

6月には英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のジュリアン・モナハン操縦士が、血液100ミリリットルあたり86ミリグラムのアルコールが検出されたとして逮捕され、禁錮8カ月の有罪判決を受けた。BAのこのパイロットは乗務のためロンドン・ガトウィック空港に向かう前、2ショット分のウォッカを3杯飲んでいたという。

引用:BBC

29日に判決が言い渡されるそうですが、どんな結果になるか注目が集まりそうですね。

スポンサーリンク

追記:判決結果

判決結果が出ました。

禁固10か月の実刑ということです。

詳しくはこちらをご覧ください。

実川克敏被告(JAL副操縦士飲酒事件)は10か月の実刑判決!!JALからは懲戒解雇処分!!

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする