実川克敏被告(JAL副操縦士飲酒事件)は10か月の実刑判決!!JALからは懲戒解雇処分!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

JAL副操縦士が乗務直前にも関わらずアルコールが検出され逮捕されていた事件で、実川克敏被告はイギリスで禁固10か月の実刑判決が言い渡されていたことがわかりました。

JALからは懲戒解雇処分されるようです。

スポンサーリンク

事件の概要

実川
引用:産経新聞

事件の詳細は以下の通りです。

日本航空は30日、乗務直前に基準を超えるアルコールが検出されたとして英国の裁判所で実刑判決を受けた副操縦士の実川克敏被告(42)を懲戒解雇処分にすると発表した。今回の問題の責任をとって、赤坂祐二社長の月額報酬を20%(3カ月)、進俊則専務の月額報酬を10%(同)減額する懲戒処分も決めた。

引用:朝日新聞

乗務前に分かったことが何よりよかったですよね。

このまま乗務されていたら何がおきていたか分かりません。

イギリスの裁判所によると

パスポート

実川副操縦士は29日、10月28日夜のロンドン―羽田便の乗務直前の検査で現地基準の約10倍のアルコールが検出されたとして、禁錮10カ月の判決を言い渡された。裁判所は、副操縦士が乗務当日まで飲酒していたとした上で、「酩酊(めいてい)状態により、搭乗する全ての人を危険にさらした。大変な悲劇を引き起こす可能性があった」と非難。

引用:朝日新聞

前例でもだいたいこのくらいの実刑判決が言い渡されていたので、予想通りというところですかね。

しかし、日本でも同様のケースが後を絶たないのにも関わらず、厳重注意で終わってしまっているのは甚だ疑問が残ります。

アルコール検査の方法を見直すほかにも、しっかりと厳罰化しないと同じ事をする人はなくならないと思いますけどね…。

スポンサーリンク

実川被告の言い訳

ワイン

実川被告は弁護士に対してこのように言い訳していたようです。

弁護側は事実関係を認めた上で、勤務により家族と離れる時間が長く、孤独で不眠症だったことが飲酒の原因だったとしていた。

引用:朝日新聞

だったら辞めればいいのに…。

給料云々、辞められない理由はたくさんあるかと思いますが、そんな個人的理由で何百人も載せた飛行機が墜落でもしたらどうするつもりだったのでしょうか?

あまりにも自己中心的な言い訳にしか聞こえません。

JALは懲戒解雇処分

飛行機

日航は30日、乗務前の大量飲酒を理由に英国の刑事法院で禁錮10月の実刑判決を受けた副操縦士の実川(じつかわ)克敏被告(42)を懲戒解雇の処分にすることを決めたと発表した。手続きが進行中だとしている。

引用:産経新聞

もう乗務してほしくないですね。

これからは家族の近くで暮らして不眠症もきっと治るのでは?

スポンサーリンク

JALのコメント

上空

日航は「安全の堅持が大前提である航空運送事業者として決して許されない行為を発生させてしまったことに対して、慚愧(ざんき)の念に堪えません。このような事例を二度と起こさないようグループ全体で全力かつ徹底的に再発防止に努めてまいります」とするコメントを出した)

引用:朝日新聞

口だけでなく、本当に行動してほしいですね。

もう二度とこんな事件が起きないように徹底してほしいものです。

実川被告のFacebookや飲酒量など

実川容疑者の飲酒量などについてこちらで詳しくまとめています。

実川克敏(JAL・日本航空副操縦士)の顔画像、Facebook特定?飲酒量が半端ない!検査を不正すり抜け!常習犯か?

まとめ

国内中で騒ぎになっていた、パイロット飲酒騒動。

実川被告以外にも何人も問題になりましたね。

イギリスを見習って日本も厳罰化すべきだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする