奈良県葛城市職員「道の駅かつらぎ」の建設工事に関する秘密事項漏洩で逮捕

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

奈良県葛城市職員2名が「道の駅かつらぎ」の建設工事に関する秘密事項を漏洩したとして、官製談合防止法違反の疑いで逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

奈良県葛城市職員2名が「道の駅かつらぎ」の建設工事に関する秘密事項を漏洩したとして、官製談合防止法違反の疑いで逮捕されました。

事件の詳細は以下の通りです。

奈良県葛城市に一昨年オープンした「道の駅かつらぎ」の建設工事をめぐり、入札に関する秘密事項を業者に漏らしたとして、奈良県警捜査2課などは13日、官製談合防止法違反の疑いで、同市建設課課長補佐、福井敏秀容疑者(49)=同市当麻=を逮捕した。また、入手した情報をもとに落札したとして、公契約関係競売入札妨害の疑いで、元建設会社役員、茅野泰幸被告(48)=同県大和高田市春日町、同罪で公判中=を再逮捕した。県警は2人の認否を明らかにしていない。

出典;産経デジタル

他に漏らしてほしくない秘密事項がこのように流れてしまっている事実は本当に残念ですね。

官製談合防止法とは?

正式には入札談合等関与行為防止法といいます。

入札談合等関与行為防止法は,国・地方公共団体等の職員が談合に関与している事例,いわゆる官製談合が発生していた状況を踏まえ,発注機関に対して組織的な対応を求め,その再発を防止するために制定されたものであり,平成15年1月6日から施行されています。
 また,その後,平成18年に職員による入札等の妨害の罪の創設等を内容とする「入札談合等関与行為の排除及び防止に関する法律の一部を改正する法律案」が第164回通常国会に提出され,平成18年12月,第165回臨時国会で成立し,平成19年3月14日から施行されています。

出典;公正取引委員会

なんだか難しいですが、この説明を読むと、今回逮捕された二人はこの法に触れることをしてしまったようですね。

スポンサーリンク

現場の状況

逮捕容疑は平成29年8月下旬、道の駅周辺の道路改良工事の入札に絡み、福井容疑者が技術提案の内容が記載された入札公告前の資料を茅野容疑者に漏(ろう)洩(えい)。福井容疑者はさらに加点項目や評価基準を記した評価表なども漏洩し、公正な入札を妨害したとしている。

 同課によると、茅野容疑者は秘密事項を漏洩するよう、以前から知り合いだった福井容疑者に働きかけたという。

出典;産経デジタル

知人からのお願いが断れないことがあっても、やっていいことと悪いことがありますね…。

「道の駅かつらぎ」について

「道の駅かつらぎ」は奈良県葛城市太田にある施設でおととしオープンしたばかりです。

営業日年中無休
営業時間農産物直売所 8:30~19:00
フォレストカフェ 9:00~18:00
レストラン 11:00~18:00
道路情報提供施設・多目的広場・トイレ・駐車場24時間利用可能
駐車場102台(大型車25台/小型車74台/障がい者用3台)
電話TEL 0745-48-1147 / FAX 0745-48-1171
場所 

かつらぎ
出典;道の駅かつらぎ

館内には、フードコートや農産物直売所併設されています。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・買春市議もいたんじゃなかったかなぁ、ここは。
遵法精神の対極にある地域じゃないかな。

・日本の歴史に燦然と輝く葛城で、こんなことが続くとは…

・末端まで膿が行き届いてるようだ。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする