大本萌景さんの事務所(hプロジェクト株式会社)との契約内容が明らかに!!まるで奴隷のような扱いをされていた!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

所属事務所によるパワハラで自殺したと見られている大本萌景さんが事務所(hプロジェクト株式会社)と交わした契約内容が明らかになってきました。

その内容はまるでアイドルを物のように扱うようにも感じ取れます。

契約内容がどんなものだったのか紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

大本
引用:FNN

所属事務所によるパワハラで自殺したと見られている大本萌景さんが事務所(hプロジェクト株式会社)と交わした契約内容が明らかになってきました。

事件の詳細は以下の通りです。

愛媛県を拠点にアイドル活動をしていた大本萌景ほのかさん(当時16歳)が今年3月に自殺したのは、過重労働やパワーハラスメントが原因として、大本さんの母親らが12日、所属していた芸能事務所などに慰謝料など約9200万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴した。

引用:読売新聞

まだ16歳という若い命が絶たれるという悲しい事件です。

背景にはどのようなことがあったのか、大本さんと事務所の間に交わされた契約内容が明らかになてきました。

大本さんと事務所の間で交わされた契約内容

大本さんがアイドルとして活動するうえで、所属事務所と交わした契約書の中には「制裁」として罰金を科されるとの内容があったそうです。

事務所と萌景さんが結んだ「契約書」には、遅刻などは「制裁」として罰金が科され、報酬から差し引かれる内容だった。

 遺族側の代理人弁護士によると、遅刻は1回5000円、スキャンダルがあった場合は50万円などとされていた。また、活動で知り得た機密以外に営業に関係する情報も「家族を含む他人に開示してはいけない」と記され、違反は50万~100万円の支払いを求められることになっていた。

引用:読売新聞

遅刻には罰金5000円

遅刻をするのは確かに社会でももちろんいいことではありませんし、その点学校でも厳しく教育されている部分だと思います。

しかし、遅刻をしたからと言ってまだ16歳の少女に5000円の罰金というのは金額が大きすぎるようにも感じます。

また、大本さんの場合は高校進学のお金を工面することさえ難しい状況だったようなので尚更金額には疑問を抱いてしまいます。

金額の大小に関わらず、時間を守るという教育をお金で何とか解決しようとしていることも不思議に感じざるを得ません。

更なる大金の罰金も…

契約書には家族や他人に情報を漏らしてはいけないという決まりもあり、それを違反すると罰金は50万から100万との記載があったそうです。

そのため、大本さんは事務所での出来事やパワハラについて悩んでいたことも素直に家族や友達に相談することが出来にくい環境だったと想像ができますね。

高校生でこの金額は不可能に近いですし、もし罰金を科されてしまったら自分のみでなく家族に迷惑をかけてしまうと考えたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・これはダメだ。言うまでもない。
「奴隷契約」と言われても言い返せない。
しかし,これが本当ならこの事務所も「例にした」パターンがあったのかもしれない。
他のアイドルでも声を上げられない人もいるのかもね。

そういう意味で,賠償額の問題ではなく夭折を無駄にせず,声を挙げたことに価値があるよ。

・LINEの内容はすぐに確認できる。
転学費用の問題もある程度LINEの内容から推論可能だろう。
たとえば、多額の金を返済しろと言われ、「それならば転学費用はいりません」だったら筋が通る。社長がそこを切り取り。あり得そうな話。
しかし、相手は未成年だからね。アイドルじゃなくて、ここがもっと強調されていいんじゃないのか?

・進学に事務所の金借りるという事は、事務所に弱み握られる事と同じなわけで、、。その覚悟あったのかは今となっては不明だが、もっと公的な資金は借りられなかったのだろうか、、長時間労働など無理させられたのも、金を借りた弱みにあると思う。

・自分の会社の所属タレントが自殺したことをどう考えているのかな。普通なら自分達が自殺に追い込んだのではないかと自問自答するところから始まるんだろうけどテレビで平然として記者会見するところにまず違和感がある

・親御さんの監督責任を問う声があるが、そもそも監督させない(親に相談させない)ための契約があった。
他の記事では母親が娘の学業との両立の相談を事務所に相談したら、親からの相談は受け付けないと言われたとのこと。
未成年なのに親を通さない時点で、この事務所はおかしい。

・進学に事務所の金借りるという事は、事務所に弱み握られる事と同じなわけで、、。その覚悟あったのかは今となっては不明だが、もっと公的な資金は借りられなかったのだろうか、、長時間労働など無理させられたのも、金を借りた弱みにあると思う。

・給与と罰金のバランスが悪すぎる
リスクしかない契約だな
その前に、未成年者との契約にしては罰金の額が大きいと思う
親の承諾なしでの契約は法的に有効なのかな

総合的に考えると事務所側の分が悪いが、双方言った言わないの部分をどう立証していくかですよね。いずれにせよご遺族が叩かれることのないようにしてもらいたい。

引用:Yahoo!ニュース

本当にこのような内容が契約書に書いてあったのであれば普通ではない契約のような気がしますね。

恐らくクーリングオフについても記載がなかったのでは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする