篠田大志さん(熊本西高校)が練習試合中に死球受け死亡、死因は外傷性くも膜下出血、西高野球部についても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

18日、熊本県立熊本西高校2年生の篠田大志さんが練習試合中に死球を受け搬送先の病院で亡くなりました。

死因は死球を頭部に受けたことによる外傷性くも膜下出血です。

事故の概要について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

事件の概要

野球

熊本県立熊本西高校2年生の篠田大志さんが練習試合中に死球を受け搬送先の病院で亡くなりました。

死因は死球を頭部に受けたことによる外傷性くも膜下出血です。

事件の詳細は以下の通りです。

熊本県警熊本南署は、県立熊本西高校(熊本市西区)の硬式野球部員で普通科2年の篠田大志さん(16)=同県嘉島町鯰(なまず)=が18日の練習中に頭部に死球を受け、19日に死亡したと発表した。

引用:毎日新聞

まだまだ未来が有望だったはずなのにショックな事故が起きてしまいました…。

亡くなったのは

野球
引用:熊本県立熊本西高校

名前篠田大志さん
年齢16歳
職業熊本県立熊本西高校普通科、硬式野球部員
住所同県嘉島町鯰(なまず)
死因左側頭部付近に死球を受け、外傷性くも膜下出血で死亡

2年生で試合にもどんどん出ていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

事故当時の様子

熊本南署によると、18日午後1時40分ごろ、高校の男性教諭から「投手が投げたボールが打者の頭に当たり意識がない」と119番があった。篠田さんはヘルメットを着用しており、署は詳しい経緯を調べている。

引用:SANSPO.COM

同署や学校によると、篠田さんは18日午後1時40分ごろ、熊本西高のグラウンドで他校との練習試合中に頭部に死球を受けた。「痛い」と叫んで倒れ、意識がもうろうとしていたため、心臓マッサージを受けながら救急搬送され治療を受けていたが、19日午前9時半過ぎに死亡した。死因は外傷性くも膜下出血だったという。

引用:毎日新聞

練習試合とはいえ、もちろんヘルメットを着用していた篠田さん。

それでも高校球児の投げるボールともなると相当な力があるので当たり所によってはこのような事故が起きてしまうこともあるのですね…。

AEDで蘇生も…

AED

熊本西高によると、監督、部長、顧問教員の3人が事故直後に自動体外式除細動器(AED)を使って救命措置を取った。「安全対策をした上で、事故後の対応もきちんと行った」としている。19日夕に全校集会を開き、事故について生徒に伝えるという。

引用:西日本新聞

心臓マッサージやAEDでの蘇生措置も取られたようですが…。

くも膜下出血が死因なので、無念にも助けることができなかったようですね…。

スポンサーリンク

外傷性くも膜下出血とは

病院

外傷性くも膜下出血は、交通事故やスポーツ(柔道やスノーボードなど)によって頭部に外力が加わることで発症します。
脳の血管が損傷を受けることが原因となります。

その他、脳挫傷に関連した出血がくも膜に広がることで、外傷性くも膜下出血として発症することもあります。頭部外傷に関連して、急性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折、びまん性軸索損傷などの病変と合併することもあります。

引用:Medical Note

経度で済む場合もあるようですが、今回は不幸にも致命傷になってしまいました。

熊本県立熊本西高校野球部について

野球
引用:熊本県立熊本西高校

篠田さんが所属する熊本県立熊本西高校野球部は、来年春に開催予定の「第91回選抜高校野球大会」に「21世紀枠」に熊本県推薦校として選ばれる強豪校。

今年10月に開かれた、「九州地区高等学校野球熊本大会」では準優勝しているようです。

創部1976年(昭和51年)5
部員2年22
123名  合計45名。
戦歴

1985年(昭和60年)第67回全国高等学校野球選手権熊本大会初優勝
1985年(昭和60年)夏の甲子園大会に出場(2回戦で敗退)
夏の大会でベスト4に3
秋の大会ベスト4に1
RKK旗準優勝1
NHK旗準優勝1

スポンサーリンク

事故現場

事故が起きたのは、熊本県立熊本西高のグラウンド。

当時はここで練習試合が行われていました。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

まとめ

悲しい事件でした。

対戦校などの情報もわかり次第更新します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする