滋賀県草津市立老上中の事務員、修学旅行費着服で懲戒免職 被害額は818万円超

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

滋賀県草津市立老上中の事務員が修学旅行費着服で懲戒免職されていたことが明らかになりました。

被害額は818万円超とのことですが、すでに全額返済されているようです。

スポンサーリンク

事件の概要

事務

滋賀県草津市立老上中の事務員が修学旅行費着服で懲戒免職されていたことが明らかになりました。

被害額は818万円超とのことです。

事件の概要は以下の通りです。

滋賀県教育委員会は14日、草津市立老上中の保護者から集めた修学旅行や同窓会の積立金から総額818万8750円を不正に引き出し着服したとして、臨時事務員の女性(48)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 着服金は全額返済されており、女性は4月20日から自宅謹慎となっていた。

出典;京都新聞

女の手口とは

県教委によると、女性は2014年3月~2018年3月、計40回に渡って不正な出金を繰り返した。教頭が管理する校長印を無断で使用するなどしていたという。

出典;京都新聞

校長印の扱いに甚だ疑問が残ります。

教頭が管理するものでも、臨時事務員が勝手に手に取れる場所にあったのでしょうか…。

金の使い道

電卓

修学旅行と同窓会の積立金は4口座で管理していたが、女性は人事異動で同中を離れる前にすべて解約し、計9万円余りを新たに作った1口座にまとめて入金していた。県教委などの聞き取りに対し、着服金は自身の子どもの学費や生活費に使ったと話しているという。

出典;京都新聞

自分にも子供がいるなら、子供にとって修学旅行がどれだけ楽しみにしているものなのかを少しくらい理解しているはずなのに…こんなことが出来る人もいるんですね。

スポンサーリンク

当時の校長と教頭に対する処分

県教委は不正が行われた期間に校長を務めた2人のうち1人(56)を管理監督責任を問い懲戒戒告処分とした。もう一人は定年退職している。

 草津市教委は同日、同期間に老上中教頭だった3人を文書訓告とした。

出典;京都新聞

管理不行き届きということですね。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

一人の額多いから、人数いると多額に。。この日の為にそれぞれ用意したものを、酷すぎる。。

いつも思うが、絶対にバレる犯罪なのになぜやる?
返金したのは恐らく両親か親族だろうが、まずはそっちからなぜ借りない?
この手の犯罪者は教育資金ではなく、ほとんどがパチンコとかの遊び金。今回もそうなんじゃないの?

1年間の中でもトップレベルで入金があるものを然るべき責任者が管理しないのも問題なのでは

・どうして教頭が管理する校長印を無断で使用できたのだろうね?

・生活費に使ったのに全額返金できてるのが凄いなw

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする