町田高齢者施設女性殺害事件で犯行時の状況や凶器、死因が判明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町田高齢者施設で女性が殺害された事件で犯行時の状況や凶器について詳しいことが明らかになってきました。

スポンサーリンク

事件の概要

町田高齢者施設で女性が殺害された事件で犯行時の状況や凶器について詳しいことが明らかになってきました。

事件の詳細は以下の通りです。

21日午前6時10分頃、東京都町田市鶴川のサービス付き高齢者住宅「ココファンまちだ鶴川」から「人が倒れている」と110番があった。警視庁町田署員が駆けつけたところ、施設一室のベッドに女性が倒れており、その後に死亡が確認された。女性は入居者とみられ、複数の外傷があることから、警視庁は殺人事件とみて捜査を始めた。

出典;読売新聞

この事件について次々と詳細が明らかになってきました。

事件現場や被害者に関する情報はこちらでご確認ください。

犯行時の状況

病院

被害者の関初枝さんは殺害される前日(20日)の21時頃まで隣の部屋に入居する夫と一緒に過ごしたことが分かっています。

そして、次の朝毎日の日課である散歩に行くため21日6時頃夫が部屋の外で待っていると、関さんが出てこないことから不審に思い部屋の鍵を開けて確認すると、ベッドの上で亡くなっていたということです。

また、その間施設内の防犯カメラには部屋のドアからの出入りは確認されなかったことから、関さんの部屋についている窓から何者かが侵入し、殺害したということが考えらえれます。

当時、窓の鍵は開いたままだったということです。

部屋の中は物色された様子があり、衣類が散乱していたようです。

金品を狙われた強盗殺人の可能性が高いですね。

しかしながら、関さんの体には抵抗した傷が見つからなかったということから、警察は就寝中に殺害されたとみて捜査しています。

スポンサーリンク

犯行に使われた凶器について

工具

捜査が進むにつれて、犯行に使われた凶器について新たな情報が明らかになってきました。

殺害された関さんは頭に鈍器で殴られたような傷があったそうです。

傷口が陥没していたことと、傷の大きさが長さ10cm、幅3cmほどだったことを考えると、ハンマーなどの工具が考えられます、

また、その頭の傷から凶器の一部とみられる金属片が発見されたことが分かりました。

発見された金属片は眼鏡に使用されるネジと見られています。

関さんは普段から眼鏡は着用していないとのことなので、何らかの衝撃で犯人の眼鏡から落ちた可能性がありますね。

死因について

車いす

関さんの体からは、頭にあった傷以外見つかっていません。

そのため、警察は頭を強い力で殴られたことによって引き起こされた脳挫傷が死亡の原因とみています。

就寝中に何も抵抗ができない中、金属製の鈍器で力強く頭を殴られたら…。

とても悲しい事件です。

スポンサーリンク

関さんは肺の病気を患っていた

病院

捜査によると、関さんは肺の病気を患っていて、就寝時には酸素吸入器をつけていたそうです。

この吸入器をつけたままベッドで亡くなっていたことからも、就寝しているところを殺害されたという考えが有力だと思われます。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・怖いな。殺人事件なんて!
介護施設に入居しても、安心だと思っていたが違うんだ。
セキリティなど強化して欲しい。

・凶器の一部の金属片って何だろう?
部屋に衣服を散乱させてまで何かを探してたのかな?
殺す必要があったのかな?

・悪質すぎる

・ひどい事件。犯人を絶対に捕まえて下さい。

出典;Yahoo!ニュース

本当に心が痛む事件です。

一刻も早く真相を明らかにし、容疑者を特定して逮捕してほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする