宮城県名取市三沢拓也さん宅火災で息子二人死亡、長男の学校特定!!何故二人は置き去りに?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

宮城県名取市の三沢拓也さん宅で火災が発生し、息子二人とみられる遺体が発見されました。

長男が通っていた学校が特定され、校長がコメントを発表したので後ほど紹介します。

当時家には息子二人しかいなかったとのことで、何故二人は置き去りになったのか?

詳しく経緯を見ていきたいと思います。

火災発生場所や出火原因などについても調査します。

スポンサーリンク

事件の概要

火事
引用:REUTERS

宮城県名取市の三沢拓也さん宅で火災が発生し、息子二人とみられる遺体が発見されました。

事件の詳細は以下の通りです。

15日午後3時45分頃、宮城県名取市増田の3階建てマンション「フィオーレ仙台南」から出火、火元の1階一室が全焼し、男児2人が死亡した。岩沼署は、この部屋に住む三沢拓也さん(31)の小学2年の長男(8)と次男(1)とみて身元の確認を急いでいる。

引用:読売新聞

幼い命が奪われる悲惨な火災が起きてしまいました。

何故二人は命を落とさなくてはならなかったのでしょうか?

火災発生場所

火災が発生した三沢さん宅はこちら。

3階建てマンションの1階部分に三沢さん一家は四人で暮らしていたようです。

近くにも何棟かマンションが建ち並ぶ住宅地のようですね。

スポンサーリンク

現場の様子

消防

現場ではかなりの黒煙が立ち込めていたようです。

幼い子供たちは両親がいない中でこのような火災に巻き込まれて相当な恐怖だったでしょう…。

この火災は火の勢いよりも煙の方が強かったのかもしれませんね。

ネットのコメントや現場の様子に関する記事でも煙に関する記載が多いように感じます。

もしかしたら亡くなった男児二人は煙を吸ってしまい、倒れることになったのかもしれませんね。

8歳と1歳では火災発生時にどうすればいいかなんて判断できなくてもおかしくはないですよね。

マンション3階の20代男性会社員は、出火時に外の駐車場に避難。真っ黒い煙が立ち込める中で子ども1人が消防隊員に救助され、心臓マッサージを受けていた。母親とみられる女性が駆け寄り、泣き崩れたという。

引用:日本経済新聞

火災が発生してから、誰かから連絡があったのでしょうか。

または帰宅した際に自分の部屋で出火したことに気が付いたのでしょうか。

母親が救護されている息子に駆け寄っている姿が目撃されています。

スポンサーリンク

息子二人について

園児

亡くなったのは、三沢さんの息子二人だと思われていますが、身元は現在確認中だということです。

息子二人の名前は公表されていません。

一人は1歳で、もう一人は8歳の小学2年生。

長男は名取市立増田小学校に通っていたことが明らかになっています。

ここの校長は次のようにコメントを発表。

長男が通う名取市立増田小の吉木修校長(60)は取材に「本当に悲しく、残念だ。まだ幼いのに…」と言葉を詰まらせた。

引用:REUTERS

こんな幼い子が火災で苦しみながら亡くなったことを考えるだけでも胸が苦しくなります。

火災発生時に両親は外出中だった?

車

火災発生時には三沢さん夫妻は外出中で息子二人だけで部屋にいたようです。

小学生2年にもなれば部屋に置いておいても大丈夫かもと思ったのかもしれませんね。

しかし、この時期は大人でさえも火災を起こす危険がありますし、もしストーブなどを使っていたのであれば注意が足りなかったとも言えますね。

どんな理由で両親二人が揃って外出いていたのか、息子二人を置き去りにしなくてはならなかったのか、今後しっかりと調査しなければならなそうですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

欧米のシステムが全て良いとは言わないが、これは児童虐待として両親が逮捕されるケース。子供だけでの留守番を何らかのかたちで規制すべきと思う。

・ちょっとくらいならって油断が命取りになりますね…
今一番後悔しているのはご両親でしょう…
ご冥福をお祈りします。

・出火原因はなんだったんだろう
気になります
我が家にも男児2人がいますが大人がいない時には絶対に火を使わないように、火事は全てを失うと日頃から話しています
ストーブも危ないので置いてません
幼い命が奪われてしまいご冥福をお祈りします

引用:Yahoo!ニュース

まとめ

幼い命が奪われる悲しい事故でした。

息子二人を失った両親がもっとも後悔してるに違いないですね。

幼い子供を家に置き去りにしないで済む方法はなかったのか、いくら悔やんでも取り返しのつかないことですが深く心に刻んでほしいですね。

皆さんも火の元にはご用心を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする