長野県上田市アリオのモスバーガーで食中毒4人感染 3日間営業停止

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

長野県上田市にあるアリオのモスバーガーで食中毒4人感染し、10日~12日までの3日間営業停止となりました。

スポンサーリンク

ニュースの概要

バーガー

長野県上田市にあるアリオのモスバーガーで食中毒4人感染し、10日~12日までの3日間営業停止となりました。

ニュースの詳細は以下の通りです。

長野県上田市の飲食店「モスバーガー アリオ上田店」で腸管出血性大腸菌О(オー)121による食中毒が発生し、上田保健所は同店を10日から12日まで3日間の営業停止としました。患者は10~20代の男女4人で、全員快方に向かっています。県は食中毒シーズンを迎え、手洗いの励行や生肉、生野菜などの扱いに気を付けるよう呼び掛けています。

出典;THE PAGE

人気ハンバーガーショップでの食中毒なので利用者に不安が広がりそうです。

当時の様子・患者の状況

モス
出典;アリオ上田

今回被害にあった4人は全員快方に向かっている様子です。

患者は8月20日に店が提供したハンバーガー類やフライドポテトなどを食べた10代の男性2人と10~20代の女性2人。医療機関からの連絡を受けて県が検査したところ、患者の便からО121が検出されました。患者の症状は下痢、腹痛、発熱などでした。

出典;THE PAGE

スポンサーリンク

腸管出血性大腸菌について

菌

長野県によると、腸管出血性大腸菌は主に牛や羊など反すう動物の腸管内に生息していることがあり、食肉の生食、加熱不十分のひき肉料理などが原因食品になることが多いとしています。牛のふん便に汚染された川の水や農作物が原因となることもあります。

 腸管出血性大腸菌は熱に弱く、75度で1分間加熱すると死滅しますが、感染力は強く、わずかな菌量で食中毒を起こすことがあります。潜伏期間は2~7日と長く、幼児や高齢者では重篤化することがあるため注意が必要としています。

出典;THE PAGE

しっかりと加熱調理が重要となってきます。

その他予防法は以下の通り。

予防法として、(1)調理や食事の前にせっけんでよく手を洗う、(2)幼児や高齢者は食肉の生食などを避ける、(3)焼き肉では生肉用の取り箸と食べるための箸を使い分ける、(4)生肉を扱ったまな板や包丁は菌が付いている可能性があるので、洗浄、消毒をしっかりする――などを挙げています。

出典;THE PAGE

食中毒があった店舗の場所

食中毒があったのは、長野県上田市「アリオ上田店」

2階のフードコート内にあります。

詳しい場所はこちら。

 

スポンサーリンク

モスバーガーの「衛生管理の3つの基本」

モスバーガーは「衛生管理の3つの基本」として以下の三点を掲げています。

衛生管理
出典;モスバーガー

とにかく細菌を付着させたり繁殖させたりしないことが書かれていますね。

そんな中で食中毒が発生してしまったので、何が要因なのか何が食中毒防止に足りなかったのかをはっきりさせてほしいところです。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする