大阪市生野区、警察車両に衝突を繰り返した不審車両に警官が7発発砲 一人は重傷、一人は今だ逃走中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

12日未明、大阪市生野区で警察車両に何度も衝突を繰り返した不審車両に警官が7発発砲し、一人は重傷、一人は今だ逃走中だということがわかりました。

スポンサーリンク

事件の概要

12日未明、大阪市生野区で警察車両に何度も衝突を繰り返した不審車両に警官が7発発砲し、一人は重傷、一人は今だ逃走中だということがわかりました。

パトカー

事件の詳細は以下の通りです。

大阪市生野区の路上で12日未明、逃走中の不審車2台が大阪府警のパトカーに衝突を繰り返すなどしたため、警察官2人が拳銃計7発を発砲した。うち2発が1台の運転席の男に当たり、男は重傷。もう1台に乗っていた男は現場から逃走し、府警が行方を追っている。

出典;読売新聞

容疑者は薬物使用か

薬

府警によると、重傷を負ったのは住所職業不詳の末次透容疑者(41)。府警は殺人未遂容疑などで現行犯逮捕した後、入院治療のため釈放した。尿から覚醒剤成分が検出されており、回復後に再逮捕し、覚醒剤取締法違反容疑でも調べる。

出典;読売新聞

もしかしたら薬物の影響で正常な判断が出来なくなっていたのかもしれません。

逃走中の男も同じく薬物使用の可能性を否定できません。

スポンサーリンク

現場の様子

パトカー

府警によると、12日午前3時10分頃、生野区巽西の路上に止まっているシルバーの乗用車を、巡回中の生野署地域課の警察官2人が発見。職務質問しようとすると、車は急発進した。

 パトカーが追跡すると、別の黒い乗用車が前に割り込み走行を妨害。逃走車は約200メートル南の行き止まりで停車し、2台のうち後方の車がパトカーに何度もバックでぶつかってきた。警察官は降車し、男性巡査部長(27)が「撃つぞ」と警告後、運転席の窓ガラスに向けて2発発砲。末次容疑者は右肩などを負傷した。さらに前方の車も斜めにバックして接近してきたため、男性巡査長(27)が5発発砲。運転席の男は車から降り、近くのフェンスを跳び越えて走り去った。

出典;読売新聞

現場では警察車両1台、警官2名と不審車両2台、男二人がいたようです。

不審車両に乗っていた男たちが武器を所持していたという情報はありませんが、警官が発砲しなければいけないほど危険性があったのでしょうか。

窓ガラスに向かって発砲し、一人の方に命中しているので威嚇射撃ではないように感じます。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・今回の場合、不審人物が逃げようとしたから警察官は射殺しようとした。
誰もが、そう思っているでしょう。

富田林署の場合は警察署内の防犯カメラに録画機能が無かったから、逃走した人物が警察署内にいる可能性を何時間も検討してた。

深刻な不祥事が多い大阪府警ですが、良いことも悪いことも、もっとちゃんと報道すべきだと思います。

・警察官よく発砲したと思います。当然な行為をしたまでです。

・ニュースで警察官が発砲と聞いて安心しました
ただ 一人取り逃がしたのは駄目ですね
逃走した男も撃つべきじゃなかったか?
だけど流れ弾が住民に当たる可能性があるしね
難しいですね

・いちいち発砲を取り上げるマスコミにも疑問。事件で凶悪犯に発砲するのは普通だと思う。

・近隣の住民は そりゃ恐かったでしょうが、自分の住んでる地域に覚醒剤が流れ込んでるという実態の方がよっぽど恐いですよね。発砲は全く問題ありませんが、取り逃がしてはいけなかった。一刻も早い逮捕をお願いします。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする