大津祭り2018日程、スケジュール、アクセス、交通規制、駐車場など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

滋賀県大津市で開かれる「大津祭り」は琵琶湖の近くで行われるお祭りとしても有名です。

そんな大津祭りに関する基本を情報をお届けします!

スポンサーリンク

大津祭り2018について

大津
出典;NPO法人大津祭曳山連盟

江戸時代から続くとされる大津祭りは2016年に国の重要無形民俗文化財に登録され、400年以上にわたって伝統が受け継がれてきました。

13基もの曳山が町を練り歩く「曳山巡行」がお祭りを盛り上げます!

大津祭り2018日程

今年は主に10月6日(土)、7日(日)

鬮取り式(くじとりしき)は9月16日(日)、山建ては9月30日(日)

大津祭り2018イベント別スケジュール

イベント別の詳細スケジュールは以下の通りです。

鬮取り式(くじとりしき)

毎年9月16日(日)9:00〜 天孫神社

くじ引きによって本祭の際の曳山巡行の順番が決定!

この日程だけは毎年決まって9月16日です。

スポンサーリンク

山建て

9月30日(日)8:30〜15:00

本祭の一週間前になると、ねじやくぎなどを一切使わずに組み立てる伝統的なスタイルで曳山を組み立てます。

曳山
出典;NPO大津祭曳山連盟

江戸時代から代々受け継がれている曳山が今でも毎年組み立てられ、実際にお祭りで使用されていると考えると感慨深いものがありますね!

宵宮(よみや)

10月6日(土)夕刻〜21:00

辺りが暗くなるころ、お囃子の音とともに提灯に明かりがともされ、そこに浮かび上がる曳山の姿はとても幻想的です!

宵宮
出典;ちま吉ウェブサイト

それぞれの曳山の場所はこちらの画像でご確認いただけます。

曳山
出典;ちま吉ウェブサイト

本祭

10月7日(日)9:30〜17:30

本祭では13基の曳山が毎年9月16日の鬮取り式(くじとりしき)で決められた順で町内を巡行します。

曳山ごとに異なるお囃子や豪華な装飾、からくりにも注目です。

曳山のルートはこちら!

ルート
出典;ちま吉ウェブサイト

スポンサーリンク

大津祭り2018見どころ

見逃せない大津まつりの必見ポイント!

宵宮

10月6日(土)夕刻〜21:00

日が暮れた中で提灯の光で浮かび上がる曳山の姿は本当に美しく、時間の流れをゆったりと感じることができるでしょう。

宵宮
出典;寺社めぐり.com

それぞれの曳山ごとの装飾もこの時にまじまじと見ることができますよ。

翌日の本祭にむけてムードが一層高まります!

からくり

曳山に仕込まれている「からくり」は曳山巡行(10月7日(日)9:30〜17:30)の際にみることができます。

からくりを曳山からおろし実演して見せる、所望(しょうもん)がそのチャンス。

20以上のポイントで巡行を止め、所望が行われるので、細かなからくりが間近で見られます!

曳山ごとにことなるからくりが可愛らしいですね!

厄除けちまき

曳山巡行(10月7日(日)9:30〜17:30)の際に行われるイベントです。

天孫神社でお祓いをされたちまきには厄除けの効果があるとされ、拾った人は一年間玄関にかけておく風習があります。

毎年3万本ほどのちまきがばらまかれるそうですよ!!

ちまき
出典;ちま吉ウェブサイト

ちまき
出典;NPO法人大津祭曳山連盟

大津祭り2018アクセス

お祭り会場最寄りの「大津駅」までのアクセスです。

電車でお越しの場合

京都・大阪方面から

大阪駅(東海道新快速)→大津駅 【所要時間 約39分】

京都駅(JR東海道線[琵琶湖線])→大津駅 【所要時間 約10分】

東京方面から

東京駅(東海道・山陽新幹線)→京都駅(JR東海道線[琵琶湖線])→大津駅 

【所要時間 約2時間半】

車でお越しの場合

京都・大阪方面から

京都駅→塩小路通→国道1号線→大津駅 【所要時間 約30分】

大阪駅→阪神高速11号池田線→名神高速道路→高速京都東IC→東海道/国道1号線→大津駅

【所要時間 約1時間】

東京方面から

首都高→東名高速道路→新東名高速道路→伊勢湾岸自動車道→東名阪自動車道→新名神高速道路→高速大津IC→県道56号線 →大津駅 【所要時間 約6時間】

大津祭り2018駐車場

大津駅北口公共駐車場(障害者割引あり)

営業日無休
営業時間24h
収容台数131台
料金最初の30分無料、以降30分ごとに150円、最大料金なし
【障害者割引】
障害者手帳を管理事務所(8:00~21:00)で提示で最初の30分プラス2時間無料
場所 

大津駅南口公共駐車場(障害者割引あり)

営業日無休
営業時間6:00~24:00
収容台数117台
料金最初の30分無料、以降30分ごとに150円、最大料金なし
【障害者割引】
障害者手帳を管理事務所(8:00~21:00)で提示で最初の30分プラス2時間無料
場所

 

タイムズ大津駅前第3

営業日無休
営業時間24h
収容台数10台
料金

9:00~22:00 20分 100円
22:00~9:00 60分 100円
駐車後24時間 最大料金1500円

場所 

スポンサーリンク

大津祭り2018交通規制

それぞれ時間帯によって交通規制がかかりますのでご注意ください。

6日(土)

16:00~22:00頃まで赤枠内が大変混雑するため車やバイクでの通行はお勧めできません。

通行止め箇所はありませんが、一般通行人も多くいるのでこのあたりは徒歩での移動が無難でしょう。

宵宮

7日(日)

9:00~18:00頃まで赤枠内に交通規制がかかります。

部分的には車両での通行が可能な場所もありますが、一般通行人がたくさんいるため、車やバイクでの通行は極力避けたほうがよさそうです。

本祭

大津祭り2018混雑状況

宵宮(6日)、本祭(7日)では大変多くの人で賑わいます。

特に曳山巡行(10月7日(日)9:30〜17:30はお祭りの中で最も混雑すると思われます。

まとめ

何百年も昔から今に至るまで引き継がれてきた伝統の曳山やからくりを生で見られる、大津祭りにぜひ一度足を運んでみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする