愛知県蟹江町の一家殺傷事件で中国籍の林振華被告の【死刑】が確定 林被告の顔画像や犯行内容は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2009年5月に愛知県蟹江町で起きた、一家殺傷事件において中国籍の林振華被告の死刑が確定しました。

スポンサーリンク

事件の概要

2009年5月に愛知県蟹江町で起きた、一家殺傷事件において中国籍の林振華被告の死刑が確定しました。

事件の詳細は以下の通りです。

愛知県蟹江町の住宅で2009年5月、山田喜保子(きほこ)さん(当時57歳)一家3人を殺傷したとして強盗殺人罪などに問われた中国籍の無職、林振華(りんしんか)被告(35)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は6日、被告の上告を棄却した。死刑とした1、2審判決が確定する。

 1、2審判決によると、林被告は09年5月1日夜、山田さん方に侵入して金品を物色中に喜保子さんに見つかり、モンキーレンチで頭部を多数回殴って殺害。帰宅した次男雅樹さん(当時26歳)も包丁で刺殺し、三男(34)もナイフで刺して2週間のけがをさせ、現金約20万円と腕時計1個を奪った。

 弁護側は上告審の弁論で「強盗の計画性は無かった」などと主張し、死刑を回避するよう求めていた。

出典;毎日新聞

最高裁の上告が棄却されての死刑確定でした。

スポンサーリンク

林被告のプロフィール

林被告の情報をまとめてみました。

名前林振華(りんしんか)
年齢35歳(事件当時25歳)
職業無職、元留学生

もともとは日本に興味があって留学しに来たはずなのにこのような結果になったことはとても残念ですね。

林被告の顔画像とFacebookについて

残念ながら現時点では林被告の顔画像を発見することができませんでした。

Facebookでは同じ名前の方が何人かいらっしゃいました。

検索結果が気になる方はこちらをご確認ください。

スポンサーリンク

林被告の犯行内容

刃物男

2008年5月、愛知県蟹江町にある山田喜保子(当時57)さん宅に侵入し一家3人を殺傷しました。

林被告が金目の物を物色していたところ、山田さんに見つかり犯行に及んだ模様です。

山田喜保子さんはモンキーレンチで頭部を殴られ、次男の雅樹さんは包丁で刺されなくなりました。

三男の勲さんも首を刃物で刺され全治二週間のけがを負いましたが一命をとりとめました。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

死刑確定、当然のことです。被害者も少しはうかばれるでしょうか。

・当然の判決で何の違和感もない。

・元留学生だそうですが、このような事件が繰り返されないためにも、留学資金を賄えるだけの財力および一定以上の学力の無い留学生の受け入れは止めてもらいたいですね。

・一人なら計画性なかったはわかるけど、三人やっといて計画性なかったは言い訳にもなってないよな
一人やった時点でもう次は計画性だわやっちまったとわかってて次やってるんだから
衝動的というなら一人やった時点で逃げる

・計画性って本当になんなんだろうね。計画しててもあれだけど計画性なしはそれで恐怖しかないけど。

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする