真田かよ子容疑者介護疲れで息子を絞殺!犯行動機や手口、顔画像や家族構成は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

7日、真田かよ子容疑者が介護疲れで息子を絞殺し逮捕されました。

真田容疑者の犯行動機や手口、顔画像や家族構成について調べたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

真田容疑者
引用:ABCNEWS

7日、真田かよ子容疑者が介護疲れで息子を絞殺し逮捕されました。

事件の詳細は以下の通りです。

徳島県鳴門市の民家で、同居する二男の首をロープで絞めて殺害したとして、母親(73)が逮捕された。 逮捕されたのは、鳴門市大津町の会社員・真田かよ子容疑者(73)。警察によると、真田容疑者は7日午前0時すぎ、自宅の寝室で寝ていた二男の修志さん(49)の首をロープで絞め殺害した殺人の疑いがもたれている。

引用:日テレNEWS24

お腹を痛めて産んだ息子を母親自ら殺害するという悲惨な事件が起きてしまいました。

このような事件が起こってしまった背景にはどのような理由があったのでしょうか。

真田容疑者の置かれた状況から考察していきたいと思います。

真田容疑者のプロフィール(家族構成)

真田容疑者

真田容疑者の情報をまとめてみました。

名前真田かよ子
年齢73歳
職業会社員
住所鳴門市大津町
家族夫、息子2人(長男51歳、次男49歳)
容疑息子を殺害した疑い

今回殺害された息子は次男でした。

息子は筋肉が段々動かなくなる病を発症し、真田容疑者は10年前から介護をしてきたといいます。

スポンサーリンク

真田容疑者の顔画像

真田容疑者
引用:ABCNEWS

真田容疑者の顔画像は現時点では公開されていませんでした。

新しい情報が入り次第更新いたします。

真田容疑者の犯行動機とは

真田容疑者

真田容疑者は「介護に疲れた」と殺害の動機を話しているそうです。

介護は体力も使いますし、精神的にもつらいものがあると思います。

日々の積み重ねが73歳の身体には相当キツイ重荷になっていたのかもしれませんね…。

すでに10年もの間介護をしてきたようですが、息子はまだ49歳。

これからも介護が続いていき、自分の身体は衰えていく一方だと考えたときに目の前が真っ暗になってしまったのでしょうか。

それでも、10年介護をしてきたということはそこに愛情がないと容易いことではありません

そんな息子の首を絞める決断も、その最中も胸が痛かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

現場の様子

真田容疑者
引用:ABCNEWS

現場となったのは徳島県鳴門市大津町にある真田容疑者の自宅です。

真田容疑者は夫と次男との3人暮らしをしていたとのこと。

夫が納屋にいた真田容疑者を見つけ問いただしたところ、修志さんを殺害したと話し、そばにロープが落ちていたという。 殺害された修志さんは10年程前から筋肉が動かなくなる病気を患い、真田容疑者が介護を行っていたという。

引用:日テレNEWS24

納屋では自分のしたことへの後悔で放心状態だったのではないでしょうか。

首を絞めるのに使ったと思われるロープもそばに落ちていたことから、片付けることに気が回らないような精神状態だったのではないかと思います。

真田容疑者の、息子を殺害したという告白を聞いた夫はどんな気持ちだったのでしょうか…。

「俺がもっと支えられていれば…」でしょうか。

「なんでだ!!なんてことをしたんだ!!」でしょうか。

もしくは「理解できなくもない、今までよく頑張ったな。」でしょうか。

どんな状況であれ親が自分の子供を殺害するというのは、悲しいことです。

息子の病気は?

病院

殺害された、真田容疑者の次男は、筋肉が動かなくなる病でした。

筋肉が動かなくなる病気を調べてみたところ、「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」という病気のようです。

この病気がどんなものなのか、以下の分かりやすい説明を見つけました。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけます。その結果、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。

引用:難病情報センター

ということは、母親に迷惑をかけてしまっている、負担をかけてしまっているということはおそらく感じていたのでしょうね。

自分の意に反して体を思うように動かせなくなり、周りの負担ばっかりを増やしてしまう自分も嫌だったに違いないでしょう。

また、この病気の特徴から、真田容疑者の次男の病状は非常に進行していた可能性があります。

この病気は常に進行性で、一度この病気にかかりますと症状が軽くなるということはありません。 体のどの部分の筋肉から始まってもやがては全身の筋肉が侵され、最後は呼吸の筋肉(呼吸筋)も働かなくなって大多数の方は呼吸不全で死亡します。人工呼吸器を使わない場合、病気になってから死亡までの期間はおおよそ2~5年ですが、中には人工呼吸器を使わないでも10数年の長期間にわたって非常にゆっくりした経過をたどる例もあります。その一方で、もっと早い経過で呼吸不全をきたす例もあります。特に高齢者で、話しにくい、食べ物がのみ込みにくいという症状で始まるタイプは進行が早いことが多いとされています。重要な点は患者さんごとに経過が大きく異なることであり、個々の患者さんに即した対応が必要となります。最近では認知症を合併する患者さんが増えていると云われています。

引用:難病情報センター

一般的に発症から2~5年で呼吸をすることが出来なくなり死亡するケースが多いということなので、10年という期間を比較すると通常より非常に長いことが分かりますね。

恐らく殺害された次男の病状はほぼすべてのことが一人では行えなかったと考えられます。

食事、着替え、排せつ。

73歳の真田容疑者には全て手助けをして行うのはやはり重労働だったでしょうね。

調べによると真田容疑者はこの年でも働いていたようなので、働きながら介護というのはストレスも疲労も限界をむえてしまっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

介護疲れの殺害事件

高齢者

介護による殺人は日本で2週間に1件起きているといわれています。

そして、そのように事件を起してしまう人の多くは介護を一人で抱え込んでしまっていることが多いようです。

今回の真田容疑者も夫を含め3人暮らしでしたが、夫がどの程度介護に加わっていたかは分かりません。

もしかしたら、真田容疑者がすべてを担当し、すべての負担が真田容疑者にのしかかっていたのかもしれませんね。

その真田容疑者の変化に夫が気付いてあげられたら、このような悲しい結果にならなかったのかもしれません。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・本当なら 母親の気持ち痛いほどわかるよね・・
 自分達が亡くなった後 子どもの事思うと一層の事っ思うのは自然だと思います。

・納屋にいたってことは、納屋で首でも吊ろうとしてたのかな。

加害者の年齢や、事情を考慮するなら、刑務所に入るような事件ではない。
だがもし自殺に成功していたとしたら、残された夫はこれからどう生きていくのだろう。
いろいろ辛いですな。

・難病と自分達の年齢を思っての事でしょう。施設等の利用や相談もすべて手を尽くしたのでしょうかね。

・亡くなった次男さんには安らかに眠って欲しい。
そして母親には、寛大な処置を司法に望みます。

・これから超高齢化に向かう日本にとって老々介護は大きな問題になる。
障害者や難治性疾患への負担も大きくなるだろう
今の施策ではもはや補ず民への負担が大きくなるばかり
生かすだけではなく終わらせるという選択肢の議論も活発にしなければならない

・寛容な措置をお願いしたい。介護が大変であったろうことが想像できる。

親としては介護に疲れたと言うより将来を悲観しての出来事じゃなかったのかな。 皆が笑顔で過ごせる国や世界になって欲しいな。

引用:Yahoo!ニュース

殺人事態を肯定することはできませんが、状況が状況だけに擁護する声が多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする