須崎江美梨容疑者の顔画像公開!乳児遺棄現場のロッカーを特定!犯行の動機についても紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

乳児を台東区根岸のコインロッカーに遺棄したとして、須崎江美梨容疑者が逮捕されました。

須崎の顔画像やFacebook、犯行の動機についても紹介します。

また、須崎容疑者が乳児を遺棄した現場のコインロッカーが特定出来ましたのでそちらな墓所についても紹介!

スポンサーリンク

事件の概要

ロッカー

乳児を台東区根岸のコインロッカーに遺棄したとして、須崎江美梨容疑者が逮捕されました。

事件の詳細は以下の通りです。

東京・台東区でコインロッカーの中に生後間もない赤ちゃんの遺体を遺棄したとして、49歳の女が逮捕されました。女は「4~5年前に産んだ」「コインロッカーの代金を払い続けていた」などと供述しているということです。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、自称、住所不定・無職の須崎江美梨容疑者(49)です。須崎容疑者は24日、「赤ちゃんを産んでコインロッカーに入れました」と警視庁に自首し、警察官が調べたところ、台東区のJR鶯谷駅近くにあるコインロッカーから、生後間もない赤ちゃんとみられる遺体が見つかりました。遺体は性別不明で、ビニール袋などに包まれた状態だったということです。

出典;TBS NEWS

現場の状況など詳しい内容はこちらをご覧ください!

須崎容疑者のプロフィール

須崎容疑者の情報をまとめてみました。

名前須崎江美梨
年齢49歳
職業無職
住所不定
容疑赤ちゃんの遺体を遺棄

4,5年前に出産したそうですが、44歳での出産だとしても相当な高齢出産だったことが分かりますね。

無職で住所も不定では子供を育てる親として十分な環境を整えるのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

須崎容疑者の顔画像

現在では須崎容疑者の顔画像はこちらです。

須崎
出典;日テレNEWS24

なんだかやつれているように見えますね。

全体的に華奢な印象を受けます。

その一方で髪の毛はしっかり手入れされているようにも感じられます。

須崎容疑者のFacebook

須崎容疑者のFacebookアカウントについて調べてみました。

須崎容疑者の名前で検索してみたところ、同じ名前の方を発見できず、本人アカウントの特定までは至りませんでした。

名前を変えたか、偽名でやっている可能性もゼロではありませんね。

検索結果が気になる方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

コインロッカーの場所特定!

こいんろっかー
出典;TBS NEWS

報道では、”台東区根岸の鶯谷駅に隣接する雑居ビルのコインロッカー”との情報だけでしたが、映像と見比べて実際の現場となったロッカーを特定することが出来ました。

その場所がこちらです。

こちらの場所に写っている写真も同じコインロッカーなのが確認できますね。

看板のホテル名も同じなので、ここが乳児の遺体が遺棄されたコインロッカーで間違いないと思われます。

場所は線路の真横で、近くにお店やホテルも数多くありコンビニも目と鼻の先にあります。

人通りに関しては比較的多くの人が行きかうのではないかなということが予想できます。

須崎容疑者の犯行の動機

高齢出産で須崎容疑者の身体的にもかなりのリスクを伴ってまで生んだ我が子をコインロッカーに遺棄した理由とは?

乳児

須崎容疑者のコメントによると、死産でパニックになっってしまったということでした。

須崎容疑者はホテルの一室で出産し、その後我が子が死んでいることにパニックになりコインロッカーに遺棄したそうです。

まずなぜ、ホテルで出産することになってしまったのかその経緯も気になるところですが、何か人に知られたくない要因があったのかもしれません。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・解せないな 虐待とかじゃなかったら 動かない
時点で 何で救急車を呼ばないんだ?

やましい事が何も無く 愛情があれば救急車
呼ぶと思うんだが。

・あってはならない事だけど、全国のコインロッカーを調べてみれば、まだ出てきそう。
赤ちゃんに罪はないのに、かわいそう。

・49歳でビックリしたが、年齢関係なく酷い事件だよ。

・何年もの間
コインロッカーにお金を入れ続けた
バレたくない一心で続けてたのか
供養代わりに続けてたのか
ホテルでたった一人で産んで
誰の子か分からない
ただ辛い
赤ちゃんも生まれ変わって、幸せな家庭で暮らして欲しいと心から思う

出典;Yahoo!ニュース

病院で生まれていたら助かっていたかもしれない命だと思うととても心が痛む事件です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする