高倉大成容疑者の顔画像Facebookは?勤務先の風俗店特定か?【福岡あおり運転事件】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

福岡であおり運転をしたとして、高倉大成容疑者が逮捕されました。

高蔵容疑者の顔画像やFacebook、勤務先の風俗店について調査してみたいと思います。

事件の概要

車

事件の詳細は以下の通りです。

福岡市のJR博多駅周辺で昨年10月、前を走る車に「あおり運転」をしたとして、福岡県警博多署は7日、暴行容疑で風俗店従業員の高倉大成容疑者(29)=同市中央区=を逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、同駅前周辺で軽乗用車を運転していた昨年10月27日午前2時59分ごろから5分間、約1.5キロメートルにわたり、前を走る大学生が運転する普通乗用車に対し、クラクションを連続して鳴らした上、急接近したり幅寄せしたりした疑い。
 大学生の車には他に友人ら3人が同乗。事故は発生しておらず4人にけがはなかったが、県警は急接近などの危険行為で恐怖を感じさせたとして、暴行容疑を適用した。

引用:JIJI.COM

1.5kmにわたってあおり運転をした容疑で逮捕されていますが、高蔵容疑者本人は「覚えていない」と容疑を否認しています。

しかし、どんな感情でいたかくらいは覚えていてもおかしくはないのに、まったく覚えていないというのは違和感がありますね。

スポンサーリンク

高倉大成容疑者のプロフィール

バイク

高倉大成容疑者の情報をまとめてみました。

名前高倉大成
年齢29歳
職業風俗店従業員
住所福岡市中央区
容疑暴行容疑

あおり運転ということですが、暴行容疑で逮捕されています。

最近でも大きなあおり運転が問題になったばかりですね。

直接殴りかかったわけではないようですが、急接近するなどの行為が暴行にあたると判断されたようです。

高倉大成容疑者の顔画像

高倉
引用:九州朝日放送

高蔵容疑者の顔画像が公開されました。

被害者の車の窓近くで怒鳴りつけている様子が、被害者のスマートフォンの動画として残っているようです。

かなり興奮している表情にも見えます。

これでも、しらを切るって凄いですね。

スポンサーリンク

高倉大成容疑者のFacebook

SNS

Facebookでは同じ名前のアカウントを見つけることが出来ませんでした。

検索結果はこちらをご確認ください。

InstagramやTwitterも含め引き続き捜索してみます。

【追記】当時の様子(動画)

事件当時の動画が公開されました。

これは恐怖でしかないですね。

車の窓に高倉容疑者が来た際に被害者は窓を開けなかったので、声などは入っていません。

窓をたたく様子は指でノックする程度で暴力的ではないものの、約5分もの間あおり運転をされたのち、降りてすぐ近くまで来られるのはやはり怖いですよね。

被害に遭った大学生が直接的な身体被害を受けなかっただけよかったかもしれません。

窓をもし開けていたら、何をされたか分かりませんね。

スポンサーリンク

高倉大成容疑者のコメント

犯人

高蔵容疑者は当時のことについて「覚えていない」と容疑を否認しています。

1.5kmもの間執拗にあおり運転をしていて覚えていないというのはやはり違和感があります。

事故に遭った訳でもないので記憶喪失になったとも考えずらいですね。

どちらにせよ、ドライブレコーダーを確認すれば明らかになるのではないでしょうか?

高倉大成容疑者の勤務先は?

書類

高蔵容疑者の勤務先は風俗店ということですが、お店の名前などまでは残念ながら特定することが出来ませんでした。

勤務先は事件に関係はないと思いますが、こんな事件を起してしまったら会社の対応も全く何もないということはないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・煽り運転の罰則をもっと強化、厳格化してほしいと思う。

無くならない、というか学ばないですね~
東名の事件で家族をめちゃくちゃにされたご親族の姿を見て何も感じなかったのか。
ゴミは適切に処理をしてもらって、
できれば二度と免許は与えたくないですね。

・今の法律と裁判の判断なら,殺人が目的とするなら多少飲酒して車で轢き殺したほうが罪が軽くなりそうだ。
高齢者の問題も含めて車の運転の問題はしっかり考えてほしい。ナイフ振り回す以上に凶器と言っていいのですよ。

同じようなことをしている人への警告の意味も込めて、
ここは厳罰に処してほしいな。

引用:Yahoo!ニュース

最後に

これだけあおり運転が問題になり逮捕者も出ているのであれば厳罰化も免れないかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする