竹中工務店元社員の山正晴容疑者、詐欺容疑で逮捕 1億円も盗んだその手口は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

竹中工務店元社員の山正晴容疑者が架空の工事費を請求し、これまでに1億円をだまし取ったとして逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

竹中工務店元社員の山正晴容疑者が架空の工事費を請求し、これまでに1億円をだまし取ったとして逮捕されました。

お金

事件の詳細は以下の通りです。

架空の工事をでっち上げ、竹中工務店から工事費をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は8日、詐欺容疑で同社元社員、山正晴容疑者(68)=大阪市港区池島=を逮捕した。容疑を否認しているという。同課は架空請求で2010年ごろから総額約1億円を着服した疑いがあるとみて、裏付けを進めている。
 逮捕容疑は14年4月、竹中工務店に架空の植樹工事の代金を請求し、下請け会社の口座に約145万円を振り込ませてだまし取った疑い。

出典;JIJI.com

工事費として架空請求しだまし取っているので、1回の額もかなり大きいものだと思われます。

1回につき200万だとしても50回ほど繰り返さないと1億円にはなりません。

数回やってばれなかったから味を占めて何度も繰り返してしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

山容疑者のプロフィール

工事

山容疑者の情報をまとめてみました。

名前山正晴
年齢68歳
職業元・竹中工務店社員
住所大阪市港区池島

【追記】山容疑者の顔画像

山容疑者の顔画像を発見しました。

こちらです。

山容疑者
出典;カンテレ

移送中の車ですが、顔を隠す様子はないですね。

どうやって1億円も?山容疑者の手口は…?

山容疑者の手口はこんな感じ。

同課によると、山容疑者は同社を定年退職後、再雇用され、工事発注業務などを担当。架空の工事を発注し、下請け会社を経由する形で、自身が所有するペーパーカンパニーに工事費を振り込ませていた。下請けには「受注資格がない会社に、緊急に作業を依頼したので協力してほしい」などとうそを言い、迂回(うかい)処理をさせていたという。

出典;JIJI.com

簡単に言えば、会社に嘘の工事費を請求下請け会社に嘘の理由で一度振り込み後で自分の口座へ振り込ませるという流れですね。

何度も繰り返し犯行に及んでいるはずなのにばれないというのはどういうことなのでしょうか。

山容疑者が定年退職するまで、竹中工務店では社員として働いていたので信頼も大きかったのかもしれませんね。

信頼を逆手にとって、大金をだまし取っていたのかと考えると悲しくなります。

スポンサーリンク

【追記】総額1億円の使い道

山容疑者は、総額にして1億円にも上る大金のおおくをギャンブルや借金に充てていたことが明らかになりました。

ギャンブルで作った借金のために会社のお金に手を付けてしまったのでしょか…。

犯行がバレたきっかけ

設計図

外部からの指摘により、山容疑者の犯行が発覚しました。

「外部」の意味するところについて詳細情報は明らかになっていませんが、下請け業者なのかもしれませんね。

何度も同じ理由で、自分の会社の口座を利用されたら疑問が出てきてもおかしくはないでしょう。

スポンサーリンク

容疑者のコメント

山容疑者は「だまし取ろうという気持ちはなかった」と容疑について否認しています。

だます気持ちがなくて1億円って…理解に苦しみます。

調査を進めて早く真相を明らかにしてもらいたいですね。

山容疑者はそんな大金をどうしようと思っていたのでしょうか…。

年齢も年齢ですし、1億円も持っていても使い切れないような気がします。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

「だまし取ろうという気持ちはなかった…」って書いてるけど、どういう気持ちだったのか?

・社員を見れば♪会社がわかる♪って事でしょうかね♪

・この手の経済事件で1億と見ても大して驚かなくなっちまった…余りに金額が大きすぎて

これは氷山の一角。余罪はまだ多い。そして同様の犯罪をしている社員も相当いる。

竹中だけじゃない。ゼネコンはみんな黒い。

出典;Yahoo!ニュース

余罪の究明、再発防止に努めてもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする