LCCバニラ・エアで飛行中機体が揺れて客室乗務員が1名転倒、骨折

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

LCC(格安航空会社)のバニラ・エアが飛行中に機体が揺れたことが原因で、客室乗務員1名が転倒し、尾骨を骨折していたことがわかりました。

バニラ
出典;Vanilla Air

スポンサーリンク

事故の概要

LCC(格安航空会社)のバニラ・エアが飛行中に機体が揺れたことが原因で、客室乗務員1名が転倒し、尾骨を骨折していたことがわかりました。

事件の詳細はこちらです。

国土交通省は3日、格安航空会社のバニラ・エアが運航する旅客機(エアバスA320型機)が8月、飛行中に揺れ、客室乗務員1人が尾骨を折る事故があったと発表した。

 乗客にけがはなかった。運輸安全委員会が原因を調査する。

 国交省によると、8月27日午前10時35分ごろ、宮崎県沖の高度約9100メートルで、関西国際空港発奄美行きのバニラ873便の機体が揺れ、客室乗務員1人が転倒、負傷した。同便には乗客乗員計152人が搭乗していた。

出典;JIJI.com

飛行中は気流の問題で機体が揺れることが少なくありませんが、飛行機慣れしている客室乗務員が転倒するほど揺れが大きかったのでしょうか。

LCCバニラエアはどんな航空会社?

バニラ・エアについてまとめてみました。

会社名バニラ・エア株式会社
(英名:Vanilla Air Inc./ブランド名:バニラエア)
本社成田国際空港 第2旅客ターミナル内
代表取締役社長五島 勝也(ごとう かつや)
設立2011年8月31日
資本150億円 (うち資本金 75億円)
主要株主ANAホールディングス株式会社(100%)
事業内容航空運送事業(国内線・国際線)
従業員数759名(2018年8月1日現在)

7年前に設立されたばかりの比較的新しい会社ですね。

路線も充実しているようです。

バニラエア
出典;Vanilla Air

国内の主要都市に加え、国際線もいくつか出ているようです。

スポンサーリンク

今回の機体A320型機について

今回事故のあった機体A320型機について紹介します。

バニラ

出典;Vanilla Air

機材名エアバスA320
座席数180席
運行路線国内線、国際線全線

全線でこの機体を使用しているそうです。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・急に気流が乱れた時やエアポケットに入った時に立ってたらどしょうもない
乗客にケガが無かったのが何よりです。

空の上で不安定な足場、CAさんはもっと動きやすい制服にしてあげた方が良いと思うのだが。

出典;Yahoo!ニュース

機内の中で動き回らないといけない客室乗務員の方は本当に大変ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする