大阪枚方市片鉾東町山本潤さん佐和子さん莉佐さん死亡…心中か?殺人事件か?息子はなぜ助かった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

1日未明、大阪枚方市片鉾東町の山本潤さん宅で、潤さんと妻の佐和子さん、娘の莉佐さんが刺されて死亡しているのが息子の通報によって発見されました。

現場の状況から心中なのか事件なのか、息子はなぜ助かったのかについて考察します。

スポンサーリンク

事件の概要

山本
引用:FNN

1日未明、大阪枚方市片鉾東町の山本潤さん宅で、潤さんと妻の佐和子さん、娘の莉佐さんが刺されて死亡しているのが息子の通報によって発見されました。

事件の詳細は以下の通りです。

大阪 枚方市の住宅で1日未明、40代の両親と20歳の娘が刃物で刺されるなどして倒れているのが見つかり、3人とも死亡しました。外から人が侵入した形跡はないということで、警察が現場の状況を調べています。

1日午前3時前、大阪 枚方市片鉾東町の会社員、山本潤さん(48)の住宅で、「姉の叫び声が聞こえた」と高校生の息子から警察に通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、山本さんと妻の佐和子さん(49)、娘の莉佐さん(20)が胸や背中を刃物で刺されるなどして倒れていて、搬送された病院で3人とも死亡しました。

引用:NHKWEBNEWS

またも悲惨なニュースが飛び込んできてしまいましたね…。

山本さん一家に何があったのか、現場の状況をまとめてみます。

事件現場は

山本
引用:FNN

事件があったのは、大阪府枚方市片鉾東町山本潤さん宅でした。

  • 山本潤さん(48)
  • 妻の佐和子さん(49)
  • 娘の莉佐さん(20)
  • 息子(16)

この4人で暮らしていたようです。

だいたいの場所はこちら。

スポンサーリンク

深夜に聞こえた姉(莉佐さん)の叫び声

山本
引用:FNN

山本さんの息子(16)が通報したのは午前2時40分ごろのこと。

「部屋の外から、姉の叫び声がする」

この時間であれば、普通に考えると寝ている時間ですよね。

そんな時間に莉佐さんの叫び声が聞こえたようです。

その時にはすでに莉佐さんは何者かに襲われていたのかもしれません。

山本さん宅はどうやら一軒家。

恐らく、息子さんも莉佐さんもそれぞれ自分の部屋があったようですね。

彼が自分の部屋で寝ていたところ、部屋の外から叫び声が聞こえてきたという状況だったと考えられますね。

息子はなぜ助かった?必死の攻防戦

山本
引用:FNN

今回の事件では、息子以外の三人の死亡が確認されていますが、息子だけは無傷で助かっています。

何故、息子だけ無事だったのか?

そこには必死の攻防戦があったようです。

息子の証言にこんなものがありました。

「部屋のドアを開けられそうになったが、手で押さえていた」

一家を殺害した犯人なのか、誰がドアを開けようとしたのか定かではありませんが、息子が命の危険を感じたのは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

心中か?殺人事件か?

包丁

警察の調べによりますと、玄関の鍵はかかっていて、外から人が侵入した形跡はなく、2階の階段付近に倒れていた父親の近くに血の付いた包丁が落ちていたということです。警察が現場の状況を調べています。

引用:NHKWEBNEWS

現場の状況から考えると一家心中のような印象を受けますね。

犯行が深夜だったことも、家族が寝ている間に…という考えだったのかもしれません。

父親が犯行に及んだと仮定するならば、唯一助かった息子が姉の声しか聞いていないのも、妻の佐和子さんは寝ているところを襲われていたと考えることが出来ます。

しかし、一家で心中しようとしているのであれば、息子を殺すことをあきらめるものなのでしょうか?

その心理は分かりえないですが、ドアを開けられないからあきらめて自分は死のうという考えに至るのでしょうか?

現場には外からの侵入の形跡がないとのことですが、心中しようとして息子だけ生き残っている点は疑問を抱きます。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

・息子を疑うコメントがありますが、もしかしたら、亡くなった3人のうちの誰かが無理心中を図った可能性もあります。早まった判断はしないほうがいいと思います。
息子の証言(外から扉を開けられないように押えた)が事実だとしたら、扉を押えたことにより息子は殺害を逃れることができたことになります。

・犯人が息子でないことを祈る

とにかく早く犯人がつかまってほしい。

・名前が出てるってことは息子がやった可能性は低いのか…

・誰もが普通に考えるのは、無傷の息子の存在だよね。

引用:Yahoo!ニュース

息子を疑う声も見られるようですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする