山崎翔一(青森市議)のtwitter裏垢がバレた原因は?Facebook,投稿内容,謝罪会見,ネットの反応,青森市の対応についても

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

青森市議の山崎翔一氏がtwitterで不適切な発言をしたとして、謝罪会見を開きました。

今回の騒動で、山崎氏は匿名で投稿して言うたようですが、それがバレた原因はなんだったのか探ってみたいと思います。

また、投稿内容や謝罪会見の様子、ネットの反応、青森市の対応についてもまとめます。

スポンサーリンク

事件の概要

山崎
引用:NHK WEB NEWS

青森市議の山崎翔一氏がtwitterで不適切な発言をしたとして、謝罪会見を開きました。

事件の詳細は以下の通りです。

先月28日の青森市議会議員選挙で初当選した山崎翔一氏が5日記者会見し、自身のツイッターで、高齢者や性的マイノリティーの人をさげすむような書き込みをしていたことについて「不快な思いをさせた」と謝罪しました。一方、議員は務める意向を示しました。

引用:NHK WEB NEWS

問題の投稿内容がこちら

問題とされているツイートがこちら。

山崎
引用:東奥日報

現在では非公開になっているため見ることが出来ませんが、この他にもいくつか不適切だとされるツイートをされていたようですね。

公式アカウントでも次のようにツイートしているので間違いないですね。

スポンサーリンク

山崎氏のコメント

また、これらのツイートに対し、山崎氏はこのようにコメント。

本当に反省しているのか?と思うほどあっさりしたコメントですね。

これが10月30日のことですが、11月5日になて会見を開くことになった経緯は何だったのでしょうか。

本人も予想しないほどに非難が殺到したのかもしれませんね。

なぜ裏垢がバレたのか?

約6年前、弘前大学のサークルとTwitter上でやり取りをした際に、名乗っていたことから、アカウントの特定をされてしまったと見られています。

10月28日に初当選したばかりにも関わらず一週間余りでこのようなトラブルを起こしてしまったことは非常に残念ですね。

本人も、6年も前のことであれば相手も忘れているだろう、と軽く考えていたか、もはや裏アカウントで自分の名前を晒していた過去を忘れていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

山崎氏のFacebook特定!!

ここで直接リンクを貼るのは控えさせていただきますが、山崎氏本人のものとみられるアカウントを特定しました。

顔写真を見ても、出身、趣味を見ても一致するため、本人のものだと思われます。

「山崎翔一」に(Zacky)のニックネームが付け加えられています。

投稿は特にしていないようですが、どうやら2014年の3月ごろにウユニ塩湖に行っていたようですね。

とっても綺麗な写真が投稿されています。

「山崎翔一」の検索結果はこちら。

謝罪会見の様子

謝罪会見の様子の動画を載せておきます。

スポンサーリンク

青森市の対応は?

青森市のHPでは特にコメントはされていないようです。

本人は続投を表明していますが、これだけ信頼を失ってしまったら難しいかもしれませんね。

ネットの反応

ネットではこんなコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする